Icon search
JP
ブロックチェーン

権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。

権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。

はじめ

ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。

さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。

調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。

分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。

DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。

この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。

 

暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。

べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。

DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。

 これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。

Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。

次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。

べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。

 

べスティングの起源について

DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが

流行されるようになります。

つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。

徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。

暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。

DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。

対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。

マニュアルべスティングの課題について

トークンのべスティングは、マニュアルべスティングとべスティングソリューションの2つの方法で実施することができます。

 マニュアルべスティング(手動権利確定)にはコスト面ではメリットが多いとみなされていますが、実際は全体面では、多数の課題がまだ存在しているようす。厳密に比較した上、マニュアルべスティングを行うことより、べスティングソリューションを採用することは利点が多いと評価されています。

詳細には、下記のようにマニュアルべスティングの5つ課題を挙げていきます。

1.過剰な取引手数料

従来の金融だと、銀行で、取引する際には、手数料が差し引かれることがよくあります。Defiの方でも同様なごとが発生し、それぞれトランザクション実行するには手数料がかかります。

イーサリアムブロックチェーン上で、これらの手数料が「ガス代」だと呼ばれた方がより分かりやすいです。

さて、マニュアルべスティングを実行する場合、それぞれトランザクションにかかるガス代が次々と積み上がって、過剰な金額になってしまうのは間違いないです。

特に、イーサリアムブロックチェーンネットワークで生まれるECR-20標準のトークン だと、ガス代が高騰される問題に巻き込まれて、いつか耐えられなくなる可能性があるでしょう。

2.非常に時間がかかる

プロジェクトには、コアチーム、パートナー、アドバイザー、プレセールの投資家など、多くの被害関係者が参加しています。 プロジェクト規模により異なっているが、通常として、開発チームとアドバイザーは約50名ですが、プレセールに参加している投資家は最大4000名となる時もありえます。

こような膨大な人数の場合、トークンを手動で配布しようとすると、多大な時間がかかるのは間違いないでしょう。

それに加えて、暗号通貨に関わる取引を定期的に行う人間はミスが起こりやすいというお声が高まっており、それらミスにより、大変な結果を及ぼすのは過言ではありません。

3.不正行為の可能性

暗号通貨業界では、いわゆるユーザーからの信頼性が最優先です。その理由で、資産全体の存在と管理上では、透明にさせないといけません。

マニュアルべスティングでは、プロジェクトのトップマネジメント(創設者も可能)の中から、1名か2名を選定して、トークンがロックアップされているウォレットにアクセス権限を付与することが多いです。

上記の実施方法だと、課題をいくつか示していきます。まず、選定されている人達はVestedトークンを配布されている対象であり、彼らはウォレットからトークンを全部引き出さないかその可能性を判断するのが非常に難しそうです。

上記の行為に止ま図に、プロジェクトのトークンが史上最高価格に達成した時点では、彼らはトークン全体を撤回し、ダンプ してしまうことはあり得るではないかと判断されています。

以前、同様な事件が発生したと発表されました。Africryptの創設者が、約40億ドルの流動性が一気に出金されてしまいました。その直後、プロジェクトを完中止というお知らせも出てきました。その一つの原因としては配布されたVestedに関係があったとみなされています。

4.サイバーハックの脆弱性

セキュリティは、プロジェクトが成功するかどうかを決定するための重要な基準ですが、マニュアルべスティングでは、創設者はウォレットの操作権限を持っているため、それこそセキュリティリスクが潜んでいます。

配布されているVestedトークンをハードウォレットに保管した方が、より安全だと信じている人が多いようです。ただし、その保管方法がホットウォレットと同じぐらい危険性があります。数週間前、ハッカーによりハードウェアウォレットから200万ドル相当の暗号通貨が引き出されてしまった引き出されてしまったというニュースを The Vergeのサイト上で公開されました。

一方、The Mesariのレポートでは、暗号通貨に関するハッキング事件の割合が今年には急激に増加する傾向があると予測しました。

 Crypto.comにより、一部のユーザーの資産がハッキングされて、不正な引き出しの金額が約3,000万ドル相当していることを確認されました。それは上記の予言が正しくなる証拠の一つであるかと言われています。

https://twitter.com/cryptocom/status/1484057491323645952?t=LgWt23sIOwHxjjmXh7je1g&s=19

本項では、マニュアルべスティングにはセキュリティリスクが多く、推薦ではない手段だと明確にしました。

なぜべスティングソリューションが必要になるのか

上述でマニュアルべスティングに関する課題とリスクを解説させていただきました。

それらの課題・リスクを解決するため、べスティングソリューションが誕生されました。べスティングソリューションがより効率で、多くの事業者に好まれているようになります。

ベスティングソリューションとは、多数の適格なウォレットアドレスへの一定量のトークンを定期的で、自動にリリースできるように作成されきたスマートコントラクトです。

なぜほとんどのDAOやDeFiプロジェクトにはベスティングソリューションが活用されているか、疑問に思われるかもしれません。ただし、マニュアルべスティングと比較すると、べスティングソリューションの方は利点が圧倒的です。

下記のように、べスティングソリューションの利点を述べさせていただきます。

1.自動化されている

ホワイトラベル付きのべスティングソリューションが必要となる最初の理由として、ロックアップに利用される、効率で、しっかり開発されたプログラムだと評価されています。

ウォレットアドレスが混同される可能性があり、または一部の投資家がトークンを一切に請求できないマニュアルべスティングと異なって、べスティングソリューションを採用することで、時間・工数・リソースを効率に削減することができます。

請求時間になったら、投資家がポータルページにアクセスして、混雑状況ならず、素早くトークンを請求することが目立つな利点です。

2.高速でトランザクションを実行できる

請求申請がスマートコントラクトに送信された直後、ユーザーのトークンが直ぐにリリースされるようになります。よって、べスティングソリューションを利用して、ロックアップされたトークンを迅速で請求でき、投資家はVestedトークンをいつも時間通りに受け取れるようになります。

そいうようなメリットを有しているため、べスティングソリューションを導入しているプロジェクトに対する信頼感が強くなりつつ、多くの好評も得ているのは事実です。

請求プロセスについて、投資家からトークンの請求申請が来たら、スマートコントラクトの方で、本人がVestedされたかどうかを内部確認した上で、条件を満たした場合、

数分間でトークンが請求者のウォレットに送金されてきます。

3.受け入れやすいガス代

べスティングソリューションが必要となる三番目の理由は、不要なコストを削減することです。USDT(ERC-20)の取引を例に挙げると、通常、35米ドルがガス代として差し引かれます。

つまり、マニュアルべスティングスケジュールの管理者が500名の投資家に分配する場合、トランザクションを実行する度に、毎回35ドルのガス代がかかります。 しかし、べスティングソリューションを採用すると、トークン分配作業が一括で行われるため、ガス代を一度だけ支払えば済みます。

4.より高い安全性

Vestedトークンは、ウォレットに保管されるより、べスティング用のポータル上で保管するのはより安全だとみなされています。

 ロックアップされたトークンを自分のウォレットにそのまま保管すると、ハッカーの狙いとなり、侵入されてしまう可能性が高いです。

ある統計データにより、ハッキングされたウォレット事件の件数がハッキングされたべスティングポータルの件数より多く発生しました。その上、マニュアルべスティングのセキュリティの弱さこそ、コミュニティからの信頼をうしなってしまうことに繋がっていると言われました。

従って、ホワイトラベル付のべスティングソリューションを導入することで、御社のプロジェクトをコミュニティに透明性を見えるようにできるでしょう。

トークンのロックアップへEkoiosのべスティングソリューションを導入する。

Ekoiosは、長年にわたって存在してきたブロックチェーン開発会社として、さまざまなプロジェクト向けにもっとも強力なホワイトラベルのべスティングソリューションを構築してきました。

セキュリティ性がどんなべスティングスケジュールでも、最も重要であることをよく認識しており、私たちのワールドクラス開発チームは、迅速で正確なべスティングソリューションを構築する方法には真剣に考慮していきます。

それに加えて、私たちのUI /UX開発者チームは、ブランド識別と一致している方向でべスティングソリューションのUIを構築しており、そのようなカスタマイズはユーザーに

素早く、効率にコミュニケーションをとれるようになります。

ご遠慮くなく、いつでもEkoiosにご連絡いただき、我々は御社のご要望を色々ヒアリングさせていただた上で、最もふさわしいべスティングソリューションを提案いたします。

弊社の提案に合意してもらえば、べスティング用のポータルサイト構築を直ちに着手し、数週間で完了させ、上手く運用するまでサポートいたします。

Ekoiosのべスティングソリューションに関する実績ですが、人気のあるNFTifyBeyondFinanceのべスティングポータルを構築しました。

弊社ご提供するべスティングソリューションについて詳しい情報を手入れたい場合、

ご遠慮なく、ここでご相談くださいませ。

ホワイトラベルのべスティングソリューションをもっと詳しく調べたい方はこちらをクリックしてください。

Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
関連投稿
ブロックチェーンアプリケーション開発ガイド:技術、コスト、プロセス
ブロックチェーンは暗号資産取引でよく知られていますが、その可能性はそれをはるかに超えています。製造業からメディア、金融、ヘルスケア、エネルギー、不動産、そして政府まで、事実上すべての業界で、データの透明性、セキュリティ、効率性を追求する取り組みとして、ブロックチェーンアプリケーションの利用が増加しています。 しかし、ブロックチェーンアプリケーションの開発について明確な理解がないまま、失敗を恐れて投資するべきではありません。この記事では、ブロックチェーンアプリケーションを成功に導くための技術、トップアプリケーション、そして開発方法についてご紹介します。  ブロックチェーンの定義とその応用 ブロックチェーンアプリケーションとは? ブロックチェーンと従来のアプリケーションの主な違いは、従来のアプリケーションは中央の権威によって所有・管理されていることです。従来のデータベースは、すべてのデータを1つのサーバーに保管し、中央権威はデータへのアクセスを許可する前にユーザーの資格情報を検証する必要があります。ブロックチェーンアプリケーションはdAppsとも呼ばれ、分散型の共有データベースです。つまり、すべてのユーザーがサーバーを使用せずにメッセージとデータにアクセスし、交換することができます。 ブロックチェーン技術の仕組みとは? ブロックチェーンは、すべてのデータをネットワーク上のノードメンバー間で共有し、チェーンブロックに時系列に格納するネットワークです。つまり、ブロックチェーン・ネットワークで何かが起こると(例えば、取引やデータ交換)、それはネットワークの全ノードメンバーに共有され、検証や承認が行われるのです。データはチェーンに追加された後は変更できないため、データを侵害したり盗んだりすることが極めて困難です。 ブロックチェーンアプリケーションの利点 最近、ブロックチェーンが注目されているのは、ビジネスに複数のメリットをもたらすからです。 セキュリティ: ブロックチェーンでは、データはサーバーに保存されるのではなく、デバイスのネットワークを介して保存されるため、ハッカーは情報を改ざんできません。また、ネットワーク上の全メンバーのデバイスにすべてのチェーンのコピーがあるため、変更が発生した場合、ユーザーはすぐにそれを検出できます。 スピードと効率化:  第三者が介在しないため、すべてがより速く、よりスムーズになります。また、スマートコントラクトを使用してプロセスを自動化し、スピードを上げ、ヒューマンエラーをゼロにすることも可能です。 透明性と信頼性: ブロックチェーンアプリケーションは、すべてのユーザーが取引情報にアクセスできます。前述の通り、全ユーザーの同意がない限り、データを変更できません。 プライバシー: 世界共通ですが、会員間のやりとりは非公開のため、ユーザーの個人情報は匿名性が保たれ安心です。 企業向けブロックチェーン導入事例  ブロックチェーンは、以下のような様々な方法でビジネスに導入することができます。 金融取引:ブロックチェーン技術は、取引に革命を起こす可能性を秘めています。中間業者がいなくなることで、プロセスがスピードアップするだけでなく、超低料金で安全に資金移動ができるようになります。実際に企業で使われている事例をいくつかご紹介: BitwageとAbraは資金移動と給与支払いにブロックチェーンを使用しており、Coinpipはこの技術をアプリに統合しています。 分散型クラウドストレージ:ブロックチェーン技術は、分散型ネットワーク上で安全なクラウドストレージをホストするために使用できます。Storj社はこの種のシステムの一例です。 スマートコントラクト:スマートコントラクトは、金融取引、契約上の合意、データなどを、第三者による規制なしに、わずかなコストで実行することを可能にします。これらは安全であり、破られることはありません。 ノータリー(公証):ブロックチェーンの開発は、ノータリーの作成と認証の目的にも利用できます。スマートフォンのマルチメデイア・プラットフォームであるUproovは、ユーザーの画像、動画、音声をブロックチェーンに記録することでこれらのサービスを提供しています。 サプライチェーンマネージメント: サプライチェーンの仕組みでは、複数の仕入れ先からの部品調達や交換が行われるため、一方の末端での不具合が全体のプロセスに影響を及ぼす可能性があります。のような状況に対処するため、SkuChainやProvenanceなどの企業は、ブロックチェーン技術を利用して、ステークホルダーが商品がどのように市場まで運ばれたかを確認できる永久的な記録作成に取り組んでいます。 デジタル認証プロセス: […]
Web3ゲーム開発実践ガイド
Web3ゲームは、ゲーム業界を変えます。Axie Infinityが開拓したゲーム業界は、ブロックチェーン技術による革命の瀬戸際にあります。その結果、新たな収益源が生まれつつあり、NFTを含むネイティブトークンを通じたゲーム内所有権の民主化が約束されています。これはエキサイティングなパラダイムシフトですが、Web3ゲームにはリスクがつきものであることから、専門家もプレイヤーも同様に慎重になっています。この記事では、次世代のWeb3ゲーム開発へのアプローチ方法を学び、注目を集めるゲームを作ることでビジネスパフォーマンスを向上させる方法をご紹介いたします。 Web3ゲーム解説 1. Web3 ゲームとは? Web3ゲームでは、プレイヤーはゲーム内アイテムや非ファンジブルトークンや暗号資産などのデジタルグッズを使って現実世界の価値を手に入れることができます。NFT技術の登場により、新しいパラダイムが導入されました。それは、プレイヤーが自分の資産を所有し、後で実際の価値で取引・売却することができるゲーム・エコシステムです。  2. Web3 Gamingの主な特徴 Web3ゲームの新しいゲームモデルは、所有権、コントロール権、ゲーム内資産や収集物の取引における柔軟性などの面で、プレイヤーに大きな特権を与えます。ここでは、最新のWeb3ゲームで見られる基本的な機能をいくつかご紹介いたします。 所有権の管理とシームレスな資産譲渡 Web3は、ゲーム内アセットの真の所有権をユーザーに保証すると同時に、アセットの相互運用性という競争上の優位性を提供します。例えば、あるゲームでは、プレイヤーはゲーム内アセットを所有し、それを好きな別のプラットフォームで使用できます。 プレイヤーセントリック・エクスペリエンス Web3ゲームのトッププレイヤーは、プレイヤーの好みに合わせた体験で新しいゲームエコシステムが繁栄していることを示します。 透明性と可用性 Web3ゲームの最も際立つ特徴の1つは、プロセスの分散性に関連しています。また、ブロックチェーンベースのゲームでは、ゲームプロセスを修正するために投票によるコンセンサスを使用します。   成長する市場への参入 1. 市場規模 Web3ゲーム産業はまだ発展途上の段階にあり、開拓と成長の余地が十分に残されています。従来のゲーム市場が成熟し、CAGR10.0に過ぎないと予測される中(Accenture)、Web3ゲームは10倍の伸びを示しています。CAGR100%で、2021年の15億ドルから2025年には500億ドルに成長し、1日あたり100万人から1000万人のプレーヤーが参加すると予想されています(Bitkraft Ventures & Naavik and Dizon)。 […]
ブロックチェーン活用事例:業界を超えての活用&自社/ビジネスへの導入方法
金融、ヘルスケア、不動産など、数え切れないほどの分野で採用されているブロックチェーンの概要と、この技術で何が可能になるかを紹介します。
べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
EkoiosがAge of Gods向けベスティングツールを開発した事例
これらのホワイトラベルのベスティングツールは、プロジェクトが自らロックアップされたトークンを管理する能力を与えられます。この記事では、私たちが完了したばかりのプロジェクトの1つであるAge of Godsの事例をご紹介します。
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。