JP
技術インサイト

権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。

権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。

はじめ

ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。

さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。

調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。

分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。

DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。

この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。

 

暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。

べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。

DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。

 これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。

Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。

次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。

べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。

 

べスティングの起源について

DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが

流行されるようになります。

つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。

徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。

暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。

DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。

対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。

マニュアルべスティングの課題について

トークンのべスティングは、マニュアルべスティングとべスティングソリューションの2つの方法で実施することができます。

 マニュアルべスティング(手動権利確定)にはコスト面ではメリットが多いとみなされていますが、実際は全体面では、多数の課題がまだ存在しているようす。厳密に比較した上、マニュアルべスティングを行うことより、べスティングソリューションを採用することは利点が多いと評価されています。

詳細には、下記のようにマニュアルべスティングの5つ課題を挙げていきます。

1.過剰な取引手数料

従来の金融だと、銀行で、取引する際には、手数料が差し引かれることがよくあります。Defiの方でも同様なごとが発生し、それぞれトランザクション実行するには手数料がかかります。

イーサリアムブロックチェーン上で、これらの手数料が「ガス代」だと呼ばれた方がより分かりやすいです。

さて、マニュアルべスティングを実行する場合、それぞれトランザクションにかかるガス代が次々と積み上がって、過剰な金額になってしまうのは間違いないです。

特に、イーサリアムブロックチェーンネットワークで生まれるECR-20標準のトークン だと、ガス代が高騰される問題に巻き込まれて、いつか耐えられなくなる可能性があるでしょう。

2.非常に時間がかかる

プロジェクトには、コアチーム、パートナー、アドバイザー、プレセールの投資家など、多くの被害関係者が参加しています。 プロジェクト規模により異なっているが、通常として、開発チームとアドバイザーは約50名ですが、プレセールに参加している投資家は最大4000名となる時もありえます。

こような膨大な人数の場合、トークンを手動で配布しようとすると、多大な時間がかかるのは間違いないでしょう。

それに加えて、暗号通貨に関わる取引を定期的に行う人間はミスが起こりやすいというお声が高まっており、それらミスにより、大変な結果を及ぼすのは過言ではありません。

3.不正行為の可能性

暗号通貨業界では、いわゆるユーザーからの信頼性が最優先です。その理由で、資産全体の存在と管理上では、透明にさせないといけません。

マニュアルべスティングでは、プロジェクトのトップマネジメント(創設者も可能)の中から、1名か2名を選定して、トークンがロックアップされているウォレットにアクセス権限を付与することが多いです。

上記の実施方法だと、課題をいくつか示していきます。まず、選定されている人達はVestedトークンを配布されている対象であり、彼らはウォレットからトークンを全部引き出さないかその可能性を判断するのが非常に難しそうです。

上記の行為に止ま図に、プロジェクトのトークンが史上最高価格に達成した時点では、彼らはトークン全体を撤回し、ダンプ してしまうことはあり得るではないかと判断されています。

以前、同様な事件が発生したと発表されました。Africryptの創設者が、約40億ドルの流動性が一気に出金されてしまいました。その直後、プロジェクトを完中止というお知らせも出てきました。その一つの原因としては配布されたVestedに関係があったとみなされています。

4.サイバーハックの脆弱性

セキュリティは、プロジェクトが成功するかどうかを決定するための重要な基準ですが、マニュアルべスティングでは、創設者はウォレットの操作権限を持っているため、それこそセキュリティリスクが潜んでいます。

配布されているVestedトークンをハードウォレットに保管した方が、より安全だと信じている人が多いようです。ただし、その保管方法がホットウォレットと同じぐらい危険性があります。数週間前、ハッカーによりハードウェアウォレットから200万ドル相当の暗号通貨が引き出されてしまった引き出されてしまったというニュースを The Vergeのサイト上で公開されました。

一方、The Mesariのレポートでは、暗号通貨に関するハッキング事件の割合が今年には急激に増加する傾向があると予測しました。

 Crypto.comにより、一部のユーザーの資産がハッキングされて、不正な引き出しの金額が約3,000万ドル相当していることを確認されました。それは上記の予言が正しくなる証拠の一つであるかと言われています。

https://twitter.com/cryptocom/status/1484057491323645952?t=LgWt23sIOwHxjjmXh7je1g&s=19

本項では、マニュアルべスティングにはセキュリティリスクが多く、推薦ではない手段だと明確にしました。

なぜべスティングソリューションが必要になるのか

上述でマニュアルべスティングに関する課題とリスクを解説させていただきました。

それらの課題・リスクを解決するため、べスティングソリューションが誕生されました。べスティングソリューションがより効率で、多くの事業者に好まれているようになります。

ベスティングソリューションとは、多数の適格なウォレットアドレスへの一定量のトークンを定期的で、自動にリリースできるように作成されきたスマートコントラクトです。

なぜほとんどのDAOやDeFiプロジェクトにはベスティングソリューションが活用されているか、疑問に思われるかもしれません。ただし、マニュアルべスティングと比較すると、べスティングソリューションの方は利点が圧倒的です。

下記のように、べスティングソリューションの利点を述べさせていただきます。

1.自動化されている

ホワイトラベル付きのべスティングソリューションが必要となる最初の理由として、ロックアップに利用される、効率で、しっかり開発されたプログラムだと評価されています。

ウォレットアドレスが混同される可能性があり、または一部の投資家がトークンを一切に請求できないマニュアルべスティングと異なって、べスティングソリューションを採用することで、時間・工数・リソースを効率に削減することができます。

請求時間になったら、投資家がポータルページにアクセスして、混雑状況ならず、素早くトークンを請求することが目立つな利点です。

2.高速でトランザクションを実行できる

請求申請がスマートコントラクトに送信された直後、ユーザーのトークンが直ぐにリリースされるようになります。よって、べスティングソリューションを利用して、ロックアップされたトークンを迅速で請求でき、投資家はVestedトークンをいつも時間通りに受け取れるようになります。

そいうようなメリットを有しているため、べスティングソリューションを導入しているプロジェクトに対する信頼感が強くなりつつ、多くの好評も得ているのは事実です。

請求プロセスについて、投資家からトークンの請求申請が来たら、スマートコントラクトの方で、本人がVestedされたかどうかを内部確認した上で、条件を満たした場合、

数分間でトークンが請求者のウォレットに送金されてきます。

3.受け入れやすいガス代

べスティングソリューションが必要となる三番目の理由は、不要なコストを削減することです。USDT(ERC-20)の取引を例に挙げると、通常、35米ドルがガス代として差し引かれます。

つまり、マニュアルべスティングスケジュールの管理者が500名の投資家に分配する場合、トランザクションを実行する度に、毎回35ドルのガス代がかかります。 しかし、べスティングソリューションを採用すると、トークン分配作業が一括で行われるため、ガス代を一度だけ支払えば済みます。

4.より高い安全性

Vestedトークンは、ウォレットに保管されるより、べスティング用のポータル上で保管するのはより安全だとみなされています。

 ロックアップされたトークンを自分のウォレットにそのまま保管すると、ハッカーの狙いとなり、侵入されてしまう可能性が高いです。

ある統計データにより、ハッキングされたウォレット事件の件数がハッキングされたべスティングポータルの件数より多く発生しました。その上、マニュアルべスティングのセキュリティの弱さこそ、コミュニティからの信頼をうしなってしまうことに繋がっていると言われました。

従って、ホワイトラベル付のべスティングソリューションを導入することで、御社のプロジェクトをコミュニティに透明性を見えるようにできるでしょう。

トークンのロックアップへEkoiosのべスティングソリューションを導入する。

Ekoiosは、長年にわたって存在してきたブロックチェーン開発会社として、さまざまなプロジェクト向けにもっとも強力なホワイトラベルのべスティングソリューションを構築してきました。

セキュリティ性がどんなべスティングスケジュールでも、最も重要であることをよく認識しており、私たちのワールドクラス開発チームは、迅速で正確なべスティングソリューションを構築する方法には真剣に考慮していきます。

それに加えて、私たちのUI /UX開発者チームは、ブランド識別と一致している方向でべスティングソリューションのUIを構築しており、そのようなカスタマイズはユーザーに

素早く、効率にコミュニケーションをとれるようになります。

ご遠慮くなく、いつでもEkoiosにご連絡いただき、我々は御社のご要望を色々ヒアリングさせていただた上で、最もふさわしいべスティングソリューションを提案いたします。

弊社の提案に合意してもらえば、べスティング用のポータルサイト構築を直ちに着手し、数週間で完了させ、上手く運用するまでサポートいたします。

Ekoiosのべスティングソリューションに関する実績ですが、人気のあるNFTifyBeyondFinanceのべスティングポータルを構築しました。

弊社ご提供するべスティングソリューションについて詳しい情報を手入れたい場合、

ご遠慮なく、ここでご相談くださいませ。

ホワイトラベルのべスティングソリューションをもっと詳しく調べたい方はこちらをクリックしてください。

タグ:
    Eメールで最新情報を受信
    サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
    製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

    関連投稿

    NFTのミントの仕方に関するビギナーズガイド What, How, and Where
    この記事では、NFTとは何か、NFTをミントする方法、NFTをミントするのに最適な場所など、ミントの手順を一緒に学びましょう。
    ブロックチェーン・エキスポ東京2022にEkoiosが海外出展で参加しました
    今年5月に開催された日本を代表する専門展示会「ブロックチェーン EXPO 東京」に、 Ekoios Technologyがブース出展し、成功を収めました。
    パートナーシップの発表 Ekoios×Securichainによるサイバーセキュリティの強化
    この提携は、200以上のブロックチェーンプロジェクトや企業を抱えるグローバルな顧客全体に提供されるEkoiosの製品・サービスに対するセキュリティ強化の需要の高まりに対応することを目的としています。
    べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
    今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
    Vietnam Ekoios Technology Joint Stock Company サイバードと業務提携 NFT等ブロックチェーン技術を用いたサービスの開発支援事業を開始
    Vietnam Ekoios Technology Joint Stock Company(本社:ベトナム ハノイ、CEO Dylan Do、以下「Ekoios」)は、株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO 本島 匡、以下「サイバード」)との業務提携に関する基本合意書(以下、「MOU」)を2021年11月5日に締結しました。 NFTを用いたサービスへの著名なスポーツ選手やアーティスト等の参加が相次ぎ、「NFT」という言葉が広く知られるようになりました。またブロックチェーン技術を活用したNFTゲームサービスも世界市場において数多くリリースされてきており、ゲームをはじめ、世界市場においてブロックチェーン技術を活用したNFT市場は大きく拡大しています。また昨今においては、金融の仕組みをゲーム化した「GameFi」を実装したゲームタイトルが注目されており、ゲームをプレイする事を通じて利益を得る事は「Play to Earn」と呼ばれています。このような経済活動とゲームの領域を跨いだサービスは今後も拡大していくだろうと予想され、大きな成長市場になっていくものと考えられます。 CEO Dylan Dong Doは、「1998年の設立時より国内外の市場をカバーしてきたサイバードは、ゲーム業界で確固たる地位を築いてきました。ゲームプロジェクトのためのブロックチェーンとNFTの両方のマーケットプレイス開発を含む多様なポートフォリオ、優れたサービスと驚異的な納期の速さにより、今回のMOU締結を通じて、Ekoiosはサイバードの存在感をさらに高め、世界中のゲーマーに力を与えることができるでしょう」と述べています。NFT、GameFi、そして最近ではMetaverseなどのトレンドの中で、我々の協力がゲーム体験にインパクトを与え、業界に革命的な変化をもたらすと信じています。日本のNFT市場は、2019年から2020年にかけて市場規模が50%増加すると言われており、今後の成長が期待されています。 サイバードについて サイバードは1998年、日本のモバイルインターネット黎明期に創業。以来、市場環境の変化、テクノロジーの進化を常に見据えて、モバイルを中心としたエンタテインメントコンテンツサービスを提供してきました。現在は、全世界でのシリーズ累計3,500万人以上の会員数を誇る恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」をはじめとした各種ゲーム/コンテンツを中心に、グッズ、2.5次元舞台、ネットくじ、IP検定等の各種サービスを展開しています。 会  社   名:株式会社サイバード(https://www.cybird.co.jp/) 本       社:東京都渋谷区猿楽町10-1 マンサード代官山 […]
    Eメールで最新情報を受信
    サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
    製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
    プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
    Eメールで最新情報を受信
    サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。

    製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。