Icon search
JP
ブロックチェーン

クロスボーダー送金にブロックチェーンを使用

クロスボーダー送金にブロックチェーンを使用
Table of Contents
  • 1
    現在の海外送金方法のデメリット
  • 2
    海外送金におけるブロックチェーン適用と考慮事項
  • 3
    クロスボーダー送金にブロックチェーンを使用するメリット

ブロックチェーン技術は金融機関から注目されており、「分散型台帳ブロックチェーン」という話題は銀行によって広く議論されてきました。それらの多くは、ブロックチェーンと分散型台帳の力を活用できるように概念実証を実施するイノベーションラボを設立しています。この記事では、ブロックチェーン技術がクロスボーダー送金のプロセスを促進するのにどのように役立つか、および従来の手法より優れた点について説明します。

blockchain vvwh

現在の海外送金方法のデメリット

送金は、お金が同じまたは他の金融機関にある口座から別の口座に移動する資金移動取引です。クロスボーダー送金の処理中、SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)は、支払いチェーンに沿ったメッセージの動きのみを処理します。コルレス銀行は、メッセージに従って該当口座に対して実際に借方と貸方に記入し、最終的な受取人に値を渡すのを助けます。

例えば、銀行Aがドイツの銀行Dのユーロ口座にユーロを送信している場合、ワークフローは次のようになります。

  • 米ドルの支払いメッセージ(SWIFT形式)が米国の銀行Aに送信される。
  • 銀行Aは、Fedwireを介してコルレス銀行である銀行Bに支払い依頼を出し、それ以降の送金用の借方/貸方指示を伴う。
  • 銀行Bは仕訳を行い、SWIFTネットワークを介してブリュッセルのコルレス銀行である銀行Cにメッセージを送信。
  • 銀行Cは、単一ユーロ決済圏(SEPA)を介してドイツの銀行Dに送金。
  • 銀行Dはサプライヤーの口座にユーロを入金。
Figure 1

上の図1に示すように、銀行はトランザクション毎に手数料を課すため、すべての関係者のコストが増やします。SWIFTはメッセージの送信に対して料金を請求し、合計コストにさらに追加します。元帳は銀行にあるため、SWIFTメッセージは、ある銀行の元帳の借方記入が別の銀行に伝えられ、対応する元帳の貸方記入を渡します。チェーン内の支払いメッセージの数が増えると、SWIFTメッセージの料金も高くなります。

コルレス銀行の関与による国際決済の現在のプロセスには、以下のデメリットがあります。

  • 2つの銀行は、自分の元帳だけに基づく取引に同意することはできないため、SWIFTはメッセージの送信を保証・確認するように存在します。 中央銀行は、支払いを保証するための決済代行者として機能しました。
  • 銀行が指示の受信側と送信側の両方である場合にも、SWIFTは支払い指示の処理に対して銀行に請求します。
  • それぞれのクロスボーダー支払いは、確認または拒否が該当銀行に再送信される前に、支払いメッセージの受信、照合、およびネッティングなどのアクティビティに関与する特定のコルレス銀行を通過する必要があります。そのため、決済されるまでの時間が長くなります。
  • 統一された見解を持つために必要な元帳を上書きする権限を持つ信頼できる第三者が存在しないといけません。
  • 中央銀行は通常、各銀行が中央銀行で保持されている決済口座またはノストロ・アカウントで十分な流動性を維持していると主張します。
  • 特定の銀行のプールされた口座に対するクロスボーダー支払いの場合、メッセージの発信者は変更され、内部の銀行口座番号で入力されます。これにより、受信銀行のデータ保護とセキュリティに関する懸念が生じます。
  • 支払いはFedwireを経由してSWIFTに移動しから、SEPAを経由するため、関係するメッセージはさまざまで異なります。

海外送金におけるブロックチェーン適用と考慮事項

ブロックチェーンは、ネットワーク内の誰もがアクセスできる分散ネットワークに存在するユニバーサル台帳です。ネットワーク内の各ノードにはデータベース全体または台帳の完全なコピーがありますが、これに対する変更は、実行された変更を検証するために他のノード(参加者)によって適切に確認される必要があります。さらに、元帳が有効であるためには、元帳の状態に合意するノードのコンセンサスが必要です。 これは、仲介者やコルレス銀行が関与しないため、クロスボーダーの支払いでも直接送金が操作の恐れなしにすぐに発生できることを意味します。分散型台帳の基本的な概念により、銀行は、決済機関によって裁定された、双務で目に見える不変の価値の移転を行うことができます。

ただし、ブロックチェーンを業界全体で導入するには、対処すべき重要な要素があります。

  • 標準化:フォーマットの標準化の欠如。 グローバリゼーションによって、SWIFTメッセージ送信、Electronic Data Interchange for Administration、Commerce and Transport(EDIFACT)、Electronic Banking Internet Communication Standard (EBICS)、ISO20022とISO8583に関するいくつかのグローバル標準があります。
  • 支払いの透明性を追加することによるコストと時間のメリット:クロスボーダー支払いはまだ高いです。複数のコルレス銀行を通じて発生した料金を評価し、推測することは困難です。 関与する銀行の身元は、送信者と受益銀行の間で常に知られていないため、透明性が欠如します。
  • データ保護とプライバシー:データの侵害がないこと、およびチェーンのどの時点でもデータが変更されないことを確実にする必要があります。
  • コンプライアンスと規制報告:マネーロンダリング防止(AML)などのコンプライアンスと規制に関する報告を遵守し、Know Your Customer(KYC)、Financial action task force(FATF)などを把握して、支払いの透明性を確保し、高リスクの地域や高リスクの支払いを把握します。

コラボレーション:相互運用可能なブロックチェーンを作成するための決済サービス提供者間の協力。広範なグローバルネットワークのために存在します。

クロスボーダー送金にブロックチェーンを使用するメリット

Figure 2

図2に示すように、ブロックチェーンは次の利点があります。

  • 仲介業者、中央機関、コルレスを支払い処理から除外します。取引は双務契約を締結した当事者の中で行われるため、信頼が確立されます。
  • 支払いチェーンに沿って料金を最小限に抑えます。それに加えて、メッセージがルーティングされる場合、SWIFTはメッセージの処理に対して課金します。そのような料金の結果として、コルレス銀行/中央機関は、確認/拒否を各銀行に再送信する前に、支払いメッセージの受信、照合、ネッティングなどのアクティビティで支払い処理のコストに追加します。
  • 中央機関やメッセージの移動が必要なくなるため、決済の所要時間が短縮されます。
  • 日中の流動性は中央銀行に保障される必要がありません。それは分散型台帳であり、他の銀行との決済口座で保持される間に、ネットワークのノードは残高のコピーを持っているため、残高は適切に維持されます。
  • トランザクションの詳細は暗号化およびハッシュされるため、データを変更する可能性はほとんどありません。
  • メッセージが送信されないため、標準化に関する課題も最小限に抑えられます。
  • 送信者と受信者がネットワーク/チェーンのノードであるため、分散型台帳により支払いの透明性が向上します。

ブロックチェーンは、海外決済の未来です。その可能性を認識し、導入方法を見つける企業は、現状に固執する競合他社よりも明らかに有利です。

現在Ekoios Technologyは、ベトナムで主要なIT企業の元共同創設者および専門家を有し、業界で最も優れた企業の1つです。多くのテクノロジー(特にブロックチェーンとAI)での豊富な経験と非常に熟練したソフトウェア開発者のチームがいて、お客様のアイデアを実現し、プロセス中24時間年中無休のサポートを提供するために必要な専門知識を有していて、非常に手頃な価格で最高の品質を提供します。 詳細については、お問い合わせください。

Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
関連投稿
ブロックチェーンアプリケーション開発ガイド:技術、コスト、プロセス
ブロックチェーンは暗号資産取引でよく知られていますが、その可能性はそれをはるかに超えています。製造業からメディア、金融、ヘルスケア、エネルギー、不動産、そして政府まで、事実上すべての業界で、データの透明性、セキュリティ、効率性を追求する取り組みとして、ブロックチェーンアプリケーションの利用が増加しています。 しかし、ブロックチェーンアプリケーションの開発について明確な理解がないまま、失敗を恐れて投資するべきではありません。この記事では、ブロックチェーンアプリケーションを成功に導くための技術、トップアプリケーション、そして開発方法についてご紹介します。  ブロックチェーンの定義とその応用 ブロックチェーンアプリケーションとは? ブロックチェーンと従来のアプリケーションの主な違いは、従来のアプリケーションは中央の権威によって所有・管理されていることです。従来のデータベースは、すべてのデータを1つのサーバーに保管し、中央権威はデータへのアクセスを許可する前にユーザーの資格情報を検証する必要があります。ブロックチェーンアプリケーションはdAppsとも呼ばれ、分散型の共有データベースです。つまり、すべてのユーザーがサーバーを使用せずにメッセージとデータにアクセスし、交換することができます。 ブロックチェーン技術の仕組みとは? ブロックチェーンは、すべてのデータをネットワーク上のノードメンバー間で共有し、チェーンブロックに時系列に格納するネットワークです。つまり、ブロックチェーン・ネットワークで何かが起こると(例えば、取引やデータ交換)、それはネットワークの全ノードメンバーに共有され、検証や承認が行われるのです。データはチェーンに追加された後は変更できないため、データを侵害したり盗んだりすることが極めて困難です。 ブロックチェーンアプリケーションの利点 最近、ブロックチェーンが注目されているのは、ビジネスに複数のメリットをもたらすからです。 セキュリティ: ブロックチェーンでは、データはサーバーに保存されるのではなく、デバイスのネットワークを介して保存されるため、ハッカーは情報を改ざんできません。また、ネットワーク上の全メンバーのデバイスにすべてのチェーンのコピーがあるため、変更が発生した場合、ユーザーはすぐにそれを検出できます。 スピードと効率化:  第三者が介在しないため、すべてがより速く、よりスムーズになります。また、スマートコントラクトを使用してプロセスを自動化し、スピードを上げ、ヒューマンエラーをゼロにすることも可能です。 透明性と信頼性: ブロックチェーンアプリケーションは、すべてのユーザーが取引情報にアクセスできます。前述の通り、全ユーザーの同意がない限り、データを変更できません。 プライバシー: 世界共通ですが、会員間のやりとりは非公開のため、ユーザーの個人情報は匿名性が保たれ安心です。 企業向けブロックチェーン導入事例  ブロックチェーンは、以下のような様々な方法でビジネスに導入することができます。 金融取引:ブロックチェーン技術は、取引に革命を起こす可能性を秘めています。中間業者がいなくなることで、プロセスがスピードアップするだけでなく、超低料金で安全に資金移動ができるようになります。実際に企業で使われている事例をいくつかご紹介: BitwageとAbraは資金移動と給与支払いにブロックチェーンを使用しており、Coinpipはこの技術をアプリに統合しています。 分散型クラウドストレージ:ブロックチェーン技術は、分散型ネットワーク上で安全なクラウドストレージをホストするために使用できます。Storj社はこの種のシステムの一例です。 スマートコントラクト:スマートコントラクトは、金融取引、契約上の合意、データなどを、第三者による規制なしに、わずかなコストで実行することを可能にします。これらは安全であり、破られることはありません。 ノータリー(公証):ブロックチェーンの開発は、ノータリーの作成と認証の目的にも利用できます。スマートフォンのマルチメデイア・プラットフォームであるUproovは、ユーザーの画像、動画、音声をブロックチェーンに記録することでこれらのサービスを提供しています。 サプライチェーンマネージメント: サプライチェーンの仕組みでは、複数の仕入れ先からの部品調達や交換が行われるため、一方の末端での不具合が全体のプロセスに影響を及ぼす可能性があります。のような状況に対処するため、SkuChainやProvenanceなどの企業は、ブロックチェーン技術を利用して、ステークホルダーが商品がどのように市場まで運ばれたかを確認できる永久的な記録作成に取り組んでいます。 デジタル認証プロセス: […]
Web3ゲーム開発実践ガイド
Web3ゲームは、ゲーム業界を変えます。Axie Infinityが開拓したゲーム業界は、ブロックチェーン技術による革命の瀬戸際にあります。その結果、新たな収益源が生まれつつあり、NFTを含むネイティブトークンを通じたゲーム内所有権の民主化が約束されています。これはエキサイティングなパラダイムシフトですが、Web3ゲームにはリスクがつきものであることから、専門家もプレイヤーも同様に慎重になっています。この記事では、次世代のWeb3ゲーム開発へのアプローチ方法を学び、注目を集めるゲームを作ることでビジネスパフォーマンスを向上させる方法をご紹介いたします。 Web3ゲーム解説 1. Web3 ゲームとは? Web3ゲームでは、プレイヤーはゲーム内アイテムや非ファンジブルトークンや暗号資産などのデジタルグッズを使って現実世界の価値を手に入れることができます。NFT技術の登場により、新しいパラダイムが導入されました。それは、プレイヤーが自分の資産を所有し、後で実際の価値で取引・売却することができるゲーム・エコシステムです。  2. Web3 Gamingの主な特徴 Web3ゲームの新しいゲームモデルは、所有権、コントロール権、ゲーム内資産や収集物の取引における柔軟性などの面で、プレイヤーに大きな特権を与えます。ここでは、最新のWeb3ゲームで見られる基本的な機能をいくつかご紹介いたします。 所有権の管理とシームレスな資産譲渡 Web3は、ゲーム内アセットの真の所有権をユーザーに保証すると同時に、アセットの相互運用性という競争上の優位性を提供します。例えば、あるゲームでは、プレイヤーはゲーム内アセットを所有し、それを好きな別のプラットフォームで使用できます。 プレイヤーセントリック・エクスペリエンス Web3ゲームのトッププレイヤーは、プレイヤーの好みに合わせた体験で新しいゲームエコシステムが繁栄していることを示します。 透明性と可用性 Web3ゲームの最も際立つ特徴の1つは、プロセスの分散性に関連しています。また、ブロックチェーンベースのゲームでは、ゲームプロセスを修正するために投票によるコンセンサスを使用します。   成長する市場への参入 1. 市場規模 Web3ゲーム産業はまだ発展途上の段階にあり、開拓と成長の余地が十分に残されています。従来のゲーム市場が成熟し、CAGR10.0に過ぎないと予測される中(Accenture)、Web3ゲームは10倍の伸びを示しています。CAGR100%で、2021年の15億ドルから2025年には500億ドルに成長し、1日あたり100万人から1000万人のプレーヤーが参加すると予想されています(Bitkraft Ventures & Naavik and Dizon)。 […]
ブロックチェーン活用事例:業界を超えての活用&自社/ビジネスへの導入方法
金融、ヘルスケア、不動産など、数え切れないほどの分野で採用されているブロックチェーンの概要と、この技術で何が可能になるかを紹介します。
べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Table of Contents
  • 1
    現在の海外送金方法のデメリット
  • 2
    海外送金におけるブロックチェーン適用と考慮事項
  • 3
    クロスボーダー送金にブロックチェーンを使用するメリット
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。