JP
技術インサイト

2020年トップ10ブロックチェーンプラットフォームとそのアプリケーション

2020年トップ10ブロックチェーンプラットフォームとそのアプリケーション

ブロックチェーンは、金融業界を混乱させる方法として浮上した革新的なテクノロジーです。Web上でファイナンスを管理するためのより安全でプライベートな方法を求めたら、ブロックチェーンは完璧な答えを提供しています。今日、ブロックチェーンは、金融だけでなく、さまざまな業界で活用されています。ブロックチェーン技術の実験が続くにつれ、より多くの機会が発見されました。

ブロックチェーンベースのアプリ開発を対応するブロックチェーンプラットフォームがますます出現しています。他の開発プラットフォームと同様に、適切なブロックチェーンシステムにより、企業はデータ管理からトランザクション処理までを実験できます。ブロックチェーン適用を検討されている場合は、弊社が経験したトップ10プラットフォームのリストをまとめておきました。

1. Ethereum

ご存知のように、Ethereumブロックチェーンプラットフォームは市場で話題を作っており、2020年に使用するのに最適なブロックチェーンプラットフォームの1つです。カスタムビルドのブロックチェーンネットワークでスマートコントラクトを実行するのに最適なオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。

また、開発者にとって分散型アプリケーションと分散型自律組織(DAO)を作成するために最適なプラットフォームです。Ethereumは、安全なスマートコントラクトと暗号通貨取引を提供し、ビットコインプロトコルよりもはるかにコントラストがあります。

最後に、Ethereumは、企業がエンタープライズグレードのアプリを構築するために最も検討されるブロックチェーンプラットフォームです。

ネットワークタイプ:スマートコントラクトとパブリック

支払い方法:トランザクションおよび計算サービス用のEther

書かれる言語:Python、Go、C ++

コンセンサスタイプ:PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

2. Hyperledger Fabric

Hyperledger Fabricは、モジュラーアーキテクチャ上にブロックチェーンアプリケーションを構築できる唯一のブロックチェーンプラットフォームです。一方、このプラットフォームは、金融、サプライチェーン、製造などの業界のスマートアプリケーション開発に重要なさまざまな技術的進歩を提供します。

スマートコントラクトの機能を備えた分散型ホスティングと分散型アプリケーションストレージの両方を提供する唯一のプラットフォームです。それに、Hyperledger Fabricブロックチェーンプラットフォームは、主に許可型ネットワーク用に設計されており、ネットワークの参加者がブロックチェーンに参加できるようにします。これは、企業がブロックチェーンプラットフォームを使用してエンタープライズグレードのアプリケーションを構築するためにHyperledger Fabricに投資した理由です。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:オープンソース

書かれる言語:Python

コンセンサスタイプ:プラガブルフレームワーク

3. EOS

EOSは、分散型テクノロジーの概念に基づくオープンソースネットワークであり、エンドユーザーがEOSプラットフォームでさまざまなタスクを実行する機能を提供します。支払いなしで、ユーザーはEOSベースdAppのすべての利点を活用できます。

EOSブロックチェーンプラットフォームは、プルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムを利用してコンセンサスを実行し、開発者がブロックチェーンテクノロジーに関連するクエリについて議論できるようにするEOSフォーラムという独自のコミュニティフォーラムも持っています。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:オープンソース

書かれる言語:C ++

コンセンサスタイプ:Delegated Proof-of-Stake(委任型の関与の証明)

4. Ripple

リップルブロックチェーンプラットフォームは、クロスボーダー支払いソリューションに適しており、支払いプロバイダー、銀行、企業のコミュニティで最もよく知られています。これにより、銀行は国境を越えて直接取引することができます。

リップルは、大規模なビジネス組織と個人ユーザーの両方が利用する最良のブロックチェーンプラットフォームです。2020年に最も人気のあるブロックチェーンプラットフォームの1つとなる、特定のクロスボーダー支払いの容易さで大手金融機関に採用されています。リップルは、BitcoinやEther等のように仮想通貨の素晴らしいデジタル資産である「XRPまたはリップル」を介したグローバルな支払いを許可します。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:オープンソースで無料

書かれる言語:Python

コンセンサスタイプ:Probabilistic Voting(確率的投票)

5. Stellar

ブロックチェーンテクノロジーの分散型台帳ネットワークであるStellarは、企業や個人に高速で費用効果の高いクロスボーダー支払いソリューションを提供します。優れたブロックチェーンプラットフォームを利用することで、開発者はモバイルウォレットやPaypalオンライン決済のようなスマートバンキングツールを構築できます。

金融取引を記録するためのクローズドシステムを利用せずに、Stellarブロックチェーンがコンセンサスを設定することは可能です。ICICI銀行やRippleFoxなどの企業は、Rippleブロックチェーンプラットフォームを利用して、クロスボーダー送金と支払いのプロセスを強化しています。

ネットワークタイプ:パブリック/プライベート

支払い方法:オープンソース

書かれる言語:JavaScript、Java

コンセンサスタイプ:Stellarコンセンサスプロトコル

6. R3 Corda

R3 Cordaは、オープンソースの分散型台帳ブロックチェーンプラットフォームであり、企業がスマートコントラクトと直接取引できるようにします。R3 Cordaは、ネットワーク全体ではなく、許可された参加者のみに特定のデータへアクセスできるようにする許可型ネットワーク上で動作します。そのデジタル記録アクセス制御でプライバシーレベルを強化します。

R3 Cordaブロックチェーンプラットフォームは、仮想通貨またはトークンベースの支払いを受け入れず、支払いデータへのアクセスを許可された参加者のみに付与します。実際のところ、これは金融業界に最適なブロックチェーンプラットフォームですが、現在では、サプライチェーン、ヘルスケア、政府機関などのさまざまな業界に適用できます。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:オープンソース

書かれる言語:C++とJavaScript

コンセンサスタイプ:プラガブルフレームワーク

7. NEO

Neoブロックチェーンプラットフォームは、スマートコントラクトを使用してデジタル資産を管理することにより、サードパーティの取引所を追加することなく、デジタル資産と通貨のP2P取引も容易にします。

また、Neoブロックチェーンプラットフォームには「Neo」と呼ばれる独自のネイティブ通貨があります。これにより、アプリを実行するためにNeoネットワークで取引手数料を支払うことができます。Neoインフラストラクチャは、いくつかのデジタル資産の形式に影響を与え、デジタル証明書を利用して、Neoネットワーク上にアプリケーションを安全に作成することもできます。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:オープンソース

書かれる言語:C#、Java、Python

コンセンサスタイプ:Delegated Byzantine Fault Tolerance(委任されたビザンチンフォールトトレランス)

8. OpenChain

Coinprismによる安全なオープンソースの分散型台帳テクノロジープラットフォームであるOpenChainは、デジタル資産を保管し、それに値することを望む組織に最適です。

支払いトランザクションとオンライン資産取引を検証するためのP2Pネットワークとシングルポイント制御により、これを最高のブロックチェーンプラットフォームの1つと見なすべきです。具体的に、OpenChainは分割されたコンセンサスに基づいて機能するため、すべてのトランザクションは無料であり、元帳の各トランザクションは資産オーナーまたはデジタル署名によって検証されます。

ネットワークタイプ:プライベートネットワーク

支払い方法:オープンソースで無料

書かれる言語:JavaScript

コンセンサスタイプ:分割コンセンサス

9. Multichain

Multichainブロックチェーンプラットフォームは、分散型台帳アプリケーションのデプロイを即座に構築するための最良の選択肢です。他のテクノロジープラットフォームと比較すると、これによりパフォーマンスとアプリのスケーリングが向上します。MultiChainブロックチェーンプラットフォームの主なメリットは、スマートコントラクトソフトウェアソリューションとアプリケーションを開発するために新しいプログラミング言語を学ぶ必要がないことです。

一方、Multichainブロックチェーンプラットフォームはビットコインと一貫性があり、主な強みはそのオープンソースプラットフォームです。 開発工程では、このプラットフォームを利用して、ブロックチェーンテクノロジーで複数のキー値、時系列、またはIDデータベースを開発します。また、高度なデータ共有レベルとタイムスタンプにより暗号化されたアーカイブのプログラムにも適しています。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:無料でオープンソース

書かれる言語:C#、C ++、Python、JavaScript

コンセンサスタイプ:確率的投票(パッシブ)

10. Quorum

J.P. MorganのQuorumブロックチェーンプラットフォームは、企業や金融市場に最も適したブロックチェーンプラットフォームです。そのため、多くの金融会社がこれを業務に取り入れています。分散型台帳システムを使用した暗号化により、トランザクションをプライベートにします。Quorumは、プライバシーと分散化の原則に基づいて、開発者のコミュニティから強力なサポートを得ています。

このオープンソースのブロックチェーンプラットフォームは、主に高レベルのプライベートトランザクションを必要とするアプリケーションを処理するように設計されています。Quorumのメリットとしては、他のブロックチェーンプラットフォームが処理できなかったデジタルプラットフォームのプライバシーレコードの問題を解決します。

ネットワークタイプ:許可型

支払い方法:オープンソース

書かれる言語:Python

コンセンサスタイプ:多数決投票

まとめ

最もよく知られているブロックチェーン開発プラットフォームのトップ10について基本情報を把握していただいたと思います。プロジェクトに使用するプラットフォームがまだ決められていない場合は、無料のコンサルティングを提供しますのでお問い合わせください。

タグ:
  • ブロックチェーン
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連投稿

NFTのミントの仕方に関するビギナーズガイド What, How, and Where
この記事では、NFTとは何か、NFTをミントする方法、NFTをミントするのに最適な場所など、ミントの手順を一緒に学びましょう。
ブロックチェーン・エキスポ東京2022にEkoiosが海外出展で参加しました
今年5月に開催された日本を代表する専門展示会「ブロックチェーン EXPO 東京」に、 Ekoios Technologyがブース出展し、成功を収めました。
パートナーシップの発表 Ekoios×Securichainによるサイバーセキュリティの強化
この提携は、200以上のブロックチェーンプロジェクトや企業を抱えるグローバルな顧客全体に提供されるEkoiosの製品・サービスに対するセキュリティ強化の需要の高まりに対応することを目的としています。
べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。

製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。