JP
技術インサイト

遠隔医療 ライブストリーミングテクノロジーを活用してサービスを提供する方法

遠隔医療 ライブストリーミングテクノロジーを活用してサービスを提供する方法

かつてヘルスケアの未来であった遠隔医療は、今現在になりました。多くの医療専門家やクライアントにとって、遠隔医療は現実のものです。これにより、医療専門家はコストを削減しながらサービスを提供でき、患者はリモートでより迅速に支援を受けることができます。しかし、他の技術の進歩と同様に、医療専門家は、1対1のビデオ通話、Web会議、またはライブストリームのいずれも、遠隔医療でうまく対応するために高品質のライブビデオを配信する必要があります。これらの遠隔医療のヒントを使用すると、品質とコンテンツの両方での配信がはるかに簡単になります。

遠隔医療とは?

e-ヘルスまたはテレメディシンとしても知られる遠隔医療は、医療におけるデジタル通信の応用を指します。遠隔医療は、コンピューターやモバイルデバイスなどのデジタル情報通信技術を使用して、医療サービスにリモートでアクセスし、医療を管理することです。これらは、自宅で使用しているテクノロジーであるか、医師がヘルスケアを改善しサポートするために使用しているテクノロジーです。つまり、直接対話なしにリモートで提供されるヘルスケアサービスが必要です。

なぜ遠隔医療が重要なのですか?

医師と患者の両方にとって画期的なことは、交通費と施設費用を削減しながら、高品質の医療サービスを提供する能力です。医師はより多くの患者に会い、施設への支出を減らすことができます。患者は、何ヶ月前に予約を取って移動について心配する必要はありません。

遠隔医療は、COVID-19パンデミックにおける医療提供に大きく貢献しています。COVID-19の軽度から中等度の症状やその他の病気の場合、遠隔医療サービスは、初期治療を受けてトリアージを実行するためのより優れた効率的な方法です。遠隔医療は、COVID-19の症状をスクリーニングし、日常的なニーズとフォローアップケアを提供する上でも重要な役割を果たします。

医療処置には依然として直接の予約が必要ですが、オンライン評価により両側の時間と費用を節約できます。言うまでもなく、オンライン相談はすでに可能な診断を絞って、回復の間に顧客を案内することができます。

遠隔医療サービスを運用するための4つのヒント

遠隔医療とライブビデオの力を組み合わせることで、高品質の医療サービスを提供する能力が広がります。患者とビデオ通話を行う場合でも、ガイダンスとヒントを含むライブストリーミングビデオを提供する場合でも、品質が必要です。

適切なツール、デバイス、および技術を使用すると、クライアントとの接続と効率的なコミュニケーションがはるかに簡単になります。

1.ライブビデオの基本的な機器を入手し、随時アップグレード

一般的な信念に反して、ライブビデオ(ビデオ通話、ライブストリーム)を用意する際、多額の投資金が必要ではありません。基本的なビデオ通話デバイスは、高品質のビデオを配信でき、理想的なセットアップになります。

以下のようなデバイスが必要になります。

  • HDウェブカメラ
  • 外部マイク(デスクトップやラペル)
  • イヤホン
  • コンピューター
  • 高速インターネット接続

コンピューターでのライブストリーミングとビデオ通話は非常に容量を使う場合があるため、ライブビデオセッションの前に、コンピューターがそれらを処理するのに十分強力であることをご確認ください。

2.すべてを常にテスト

遠隔医療では、患者とのつながりを確立し、自信をつけることが重要です。絶え間ない技術的な問題があったら、ブロードキャストまたはビデオ通話中に信頼できるメッセージを送信できません。セットアップを十分にテストしないことは、ライブビデオに関連する業界全体でよくあるミスです。最先端のストリーミング機器を持っている場合でも、テストは不可欠です。

ライブする前に、すべてが機能することを確認してください。例えば、Ekoiosによって開発されたAloProを使用する場合、録画ボタンを押して、ライブビデオセッションのドライランを実行できます。その後、それを見て、改善可能な点を分析できます。これは、カメラに向かっていることへの恐怖を克服する必要がある医療の専門家にとっても有用な練習です。

3.注意とエンゲージメントを高めるために、他のリソースを使用

これは、遠隔医療での重要なヒントです。ライブの遠隔医療ビデオの目標は最適なコミュニケーションです。つまり、視聴者、クライアント、または仲間の専門家を引き付ける必要があります。カメラと話すだけでは不十分です。

患者は特定の用語や概念を理解するために遠隔医療で詳細な説明が必要になるか、あるいは仲間の医療専門家はケーススタディと例を見ることを期待する場合もあるため、それらを提供する必要があります。AloProなどのライブストリーミングソフトウェアを使用する場合、以下の複数のビデオリソースをライブストリームやビデオ通話に追加できます。

  • 画像または事前に録画されたビデオ
  • 画面、PowerPointプレゼンテーションまたはアプリを共有する
  • 様々な角度からのWebカメラ

リソースを構成したら、ボタンをクリックするだけでリソースを切り替えて、よりダイナミックで魅力的なライブビデオを配信できます。

4.存在感を維持

ビデオ通話やライブストリーム中に、気が散りやすいです。すべての気を散らすものを避けてビデオ通話に集中するだけでなく、視聴者も同じことをするように調整する必要があります。視聴者の注意を維持する1つの方法は、他のリソースを表示しているときにWebカメラビューでビデオ中にピクチャーインピクチャーウィンドウを使用することです。それは他の参加者とのつながりを保つことを可能にします。

視聴者がそこにいることを確実にするもう一つの方法は、交流を維持することです。ライブビデオ中に参加者と対話することが最も重要です。ライブビデオの目的は、インタラクションとリアルタイム接続です。視聴者に耳を傾けていることも確認してください。

まとめ

これらの遠隔医療のヒントをビデオ通話やライブストリームに適用すると、高品質のコンテンツを簡単に配信できるようになります。遠隔医療の目的は、患者、他の専門家、一般の人々との効果的なコミュニケーションです。

Ekoios Technologyは、主なテクノロジーパートナーとして、AI、ブロックチェーン、RPAなどの最先端テクノロジーの力を活用して多くの医療機関をサポートし、事業運営と患者体験を向上させてきました。ヘルスケア業界の深いノウハウと強力な技術的専門知識により、さまざまな知識を組み合わせて、クライアントに真の価値を提供する実用的で効率的なヘルスケアソリューションを提供します。

ヘルスケア事業を刷新する準備はできていますか?無料コンサルティングを提供いたしますので、お問い合わせください!

タグ:
  • ソフトウェア開発
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連投稿

べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
Vietnam Ekoios Technology Joint Stock Company サイバードと業務提携 NFT等ブロックチェーン技術を用いたサービスの開発支援事業を開始
Vietnam Ekoios Technology Joint Stock Company(本社:ベトナム ハノイ、CEO Dylan Do、以下「Ekoios」)は、株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO 本島 匡、以下「サイバード」)との業務提携に関する基本合意書(以下、「MOU」)を2021年11月5日に締結しました。 NFTを用いたサービスへの著名なスポーツ選手やアーティスト等の参加が相次ぎ、「NFT」という言葉が広く知られるようになりました。またブロックチェーン技術を活用したNFTゲームサービスも世界市場において数多くリリースされてきており、ゲームをはじめ、世界市場においてブロックチェーン技術を活用したNFT市場は大きく拡大しています。また昨今においては、金融の仕組みをゲーム化した「GameFi」を実装したゲームタイトルが注目されており、ゲームをプレイする事を通じて利益を得る事は「Play to Earn」と呼ばれています。このような経済活動とゲームの領域を跨いだサービスは今後も拡大していくだろうと予想され、大きな成長市場になっていくものと考えられます。 CEO Dylan Dong Doは、「1998年の設立時より国内外の市場をカバーしてきたサイバードは、ゲーム業界で確固たる地位を築いてきました。ゲームプロジェクトのためのブロックチェーンとNFTの両方のマーケットプレイス開発を含む多様なポートフォリオ、優れたサービスと驚異的な納期の速さにより、今回のMOU締結を通じて、Ekoiosはサイバードの存在感をさらに高め、世界中のゲーマーに力を与えることができるでしょう」と述べています。NFT、GameFi、そして最近ではMetaverseなどのトレンドの中で、我々の協力がゲーム体験にインパクトを与え、業界に革命的な変化をもたらすと信じています。日本のNFT市場は、2019年から2020年にかけて市場規模が50%増加すると言われており、今後の成長が期待されています。 サイバードについて サイバードは1998年、日本のモバイルインターネット黎明期に創業。以来、市場環境の変化、テクノロジーの進化を常に見据えて、モバイルを中心としたエンタテインメントコンテンツサービスを提供してきました。現在は、全世界でのシリーズ累計3,500万人以上の会員数を誇る恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」をはじめとした各種ゲーム/コンテンツを中心に、グッズ、2.5次元舞台、ネットくじ、IP検定等の各種サービスを展開しています。 会  社   名:株式会社サイバード(https://www.cybird.co.jp/) 本       社:東京都渋谷区猿楽町10-1 マンサード代官山 […]
新型コロナウイルス感染症 エンターテインメント業界でのライブストリーミングサービスへの移行を加速
With social distancing measures implemented as a result of the pandemic, digital habits quickly changed and live-streaming platforms saw a sharp rise in users.
Ekoios TechnologyがGenesisAIとAI開発・配信パートナーシップに関する了解覚書を締結
2021年1月5日、Ekoios TechnologyとGenesisAIの間の了解覚書(MoU)がオンライン署名され、両当事者間のパートナーシップにおけるマイルストーンをマークしました。
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。

製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。