Icon search
JP

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンを区別する方法とそのユースケース

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンを区別する方法とそのユースケース
もくじ
  • 1
    パブリックチェーンとプライベートチェーンの類似点
  • 2
    パブリックブロックチェーン
  • 3
    プライベートブロックチェーン
  • 4
    パブリックチェーンのユースケース
  • 5
    プライベートブロックチェーンのユースケース
  • 6
    パブリックチェーンとプライベートチェーンのどちらを選択しますか?

ビットコインのような仮想通貨の基盤技術になったブロックチェーンは、デジタル空間で急速に注目されています。ますます多くの企業がその革新的な可能性を認識し、この新しいテクノロジーを日常業務に適用することを選択しており、ブロックチェーンが単に流行語というより前向きな真言になってきました。

要するに、ブロックチェーンは、特定の時間枠に基づいて「ブロック」に分割された公開レコードの継続的に追加されるリストです。ユーザーコミュニティは情報の編集・更新方法を制御し、すべてのブロックが時系列にチェーンされます。

より多くの組織がエンタープライズ向けブロックチェーンの応用に気づき始めていますが、パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いについてはあまり詳しくないです。

パブリックチェーンとプライベートチェーンの類似点

違いに触れる前に、パブリックチェーンとプライベートチェーンの類似点を理解することが重要です。両方は以下の特性があります。

  • ユーザーのコミュニティ上に構築された分散型P2Pネットワークですので、取引の承認を担当するエンティティ(銀行やブローカーなど)が1つではありません。
  • 分散型台帳への編集を認証するために多数のユーザーに依存し、それによっていつでも誰でもアクセスできる新しいマスターコピーを作成します。
  • 完全に不変ですので、検証済みのブロックは、ユーザーによって認証されると、消去・変更することはできません。

では、どのように違うのですか?

パブリックブロックチェーンpublic and private blockchain compared

パブリックチェーンは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインのモデルであり、本来元の分散型台帳構造と見なされます。

このタイプのブロックチェーンは完全にオープンであり、誰でもネットワークに参加できます。世界中の誰でもトランザクションを送受信でき、システム参加者の誰でも監査できます。

それぞれのノード(ネットワークに接続されたコンピューター)の送信量とパワーは同じくらいのため、パブリックチェーンが非中央集権だけでなく、完全に分散されます。

トランザクションが有効であると見なされるためには、コンセンサス処理を通じてそれぞれの構成ノードにより承認される必要があります。承認されると、レコードがチェーンに追加されます。通常、ユーザがネットワークに参加し、トランザクションを認証するために、インセンティブがあります。

パブリックブロックチェーンの最大の欠点の1つは、その完全なオープン性です。このような透明性は、トランザクションのプライバシーをほとんどまたはまったくないし、脆弱性になる可能性があります。もう1つの欠点は、元帳の保守に不可欠な大量の計算能力を要します。ネットワークに含まれるノードとトランザクションが非常に多いため、このようなスケールでは、コンセンサスを達成するために多大な労力が必要です。

プライベートブロックチェーン

一方、プライベートブロックチェーンは本来元の形のフォークですが、いわゆる許可型で展開されます。

プライベートチェーンネットワークにアクセスするには、招待され、ネットワークスターター、またはネットワークスターターによって設定された特定のルールにより検証される必要があります。招待が受け入れられると、新しいエンティティは通常の方法でブロックチェーンの維持に貢献できます。ブロックチェーンはクローズネットワーク上にあるため、テクノロジーのメリットを活用できますが、パブリックブロックチェーンの分散特性も提供する必要がありません。エンティティがトランザクションを閲覧・検証できる範囲は、ネットワークスターターに決められます。

企業がプライベートブロックチェーンを応用する一般的な方法は、企業内であり、企業メンバーのみがアクセスできるようにします。これは、データを知る必要がある特定の個人に制限できるため、社外の誰かがチェーンに参加する必要がない場合に役立つビジネスソリューションです。チェーンに参加する人数が少ないため、基本的にコンセンサス処理が簡単になり、より迅速かつ効率的になります。

この構造は、パブリックブロックチェーンのように古いデジタル構造と完全に異なるわけではありませんが、テクノロジーは非常に強力であり、高度な暗号化と監査機能は従来のプロトコルよりも高いセキュリティを提供します。

パブリックチェーンのユースケース

テクノロジーとしてのブロックチェーンは、10年以上前に紹介されましたが、ごく最近脚光を浴びるようになりました。当初、全人が情報への権利を持ち、コントロールする中央機関がなかったため、分散型台帳テクノロジーは「(非許可型)パブリックブロックチェーン」としても知られていました。ビットコインとイーサリアムは、非許可型ブロックチェーンのよく知られている例です。

非許可型ブロックチェーンネットワークは、市場のほとんどのデジタル通貨を強化します。これにより、すべてのユーザーは、トランザクションを送信して元帳にエントリを追加することにより、個人アドレスを作成し、ネットワークとやり取りできます。

さらに、すべての関係者は、システム上でノードを実行するか、トランザクションを検証するマイニングプロトコルを採用するかを選択できます。

ビットコインの場合、マイニングで複雑な数式を解くことによって、ネットワークに保存されたトランザクションを検証します。誰でも、マイニング料金とブロック報酬を稼ぐために、ビットコインブロックチェーンをダウンロードしてマイニング操作を開始できます。

それに、イーサリアムなどのデジタル通貨の場合、ブロックチェーンネットワークはスマートコントラクトも対応します。スマートコントラクトとは、特定の基準が満たされると自己実行する自動トランザクションのことです。

public blockchain use case

イーサリアムも非許可型ブロックチェーンを採用しているため、誰でも(Ekoios Technologyなどの専門家を含む)開発者による制限なしに、スマートコントラクトを開発してネットワークに追加できます。

プライベートブロックチェーンのユースケース

アメリカの投資銀行JPMorgan Chase & Coは、金融サービス業界に適切なQuorumと呼ばれるプライベートブロックチェーンを開発しました。プロジェクトチームはイーサリアムブロックチェーンをフォークし、これを作成しました。Quorumはスマートコントラクトなどのいくつかのイーサリアム機能をサ

ポートしており、分散型台帳も持っています。 Quorumは、トランザクションデータの一部をオフチェーンに移動します。 トランザクションデータの暗号化ハッシュをチェーン上に格納します。これにより、ハッシュは不変であり、1つのデータセットが常に同じハッシュを生成するため、トランザクションの検証が可能になります。したがって、ハッシュが一致する場合、トランザクションは有効です。Quorumは、この許可型ブロックチェーンでコンステレーションプロトコルを使用して、あるノードが暗号化されたメッセージを別のノードに送信できるようにします。このブロックチェーンのユースケースの1つは、投資トランザクションを安全な方法で処理するプライベートブロックチェーンの有名な事例です。private blockchain use cases

もう1つのユースケースは、許可型ブロックチェーンであるHyperledger Fabricです。このプラットフォームは、組織のアイデンティティ管理システムでの役割に基づいて、ノードにさまざまなアクセスレベルを割り当てます。業界にとらわれず、スマートコントラクトなどのイーサリアムの多くの機能を使用します。スマートコントラクトをホストするためにコンテナテクノロジーを使用しています。

金融業界では、金融サービス業界向けに特別に設計されたプライベートブロックチェーンプラットフォームであるR3CordaがR3によって構築されました。これは許可型ブロックチェーンであり、組織の役割と責任に応じて、ノードのカテゴリごとに異なるアクセスレベルがあります。

Cordaはスマートコントラクトを使用しており、このプラットフォームのスマートコントラクトに特定の法的表現がある機能が注目すべきです。 この業界は厳格な規制の枠組みの下で運営されており、スマートコントラクトの法的表現はそれらに正当性を与えるためです。

コンセンサス仕組みには、トランザクションの有効性と一意性が含まれます。スマートコントラクトは有効性の検証を担当します。一意性を確保するために、Cordaのプロトコルプログラムは、他のトランザクションがこのトランザクションのインプット状態のいずれかを使用したかどうかをチェックします。他のトランザクションがインプット状態のいずれも使用していない場合、このトランザクションは一意です。

パブリックチェーンとプライベートチェーンのどちらを選択しますか?

組織がより確立されたパブリックチェーンを選択する場合でも、プライベートチェーンのより高いセキュリティ対策を選択する場合でも、エンタープライズブロックチェーンテクノロジーの未だに活用されていない可能性は多くあります。

パブリックチェーンのセキュリティ対策が強化されるにつれて、その価値はさらに高まり、プライベートチェーンの使用はそれほど重要ではなくなります。ただし、より多くの制御と特定の個人へのアクセス制限に関しては、プライベートチェーンを打ち負かすことはできません。結局、ビジネスにパブリックチェーンを使用するかプライベートチェーンを使用するかの選択は、それを利用する各組織に依存します。

御社に何を選ぶべきかまだ決められない場合、 無料のコンサルティングを提供させていただきますので、是非お問い合わせください!

共有する
Eメールで最新情報を受信
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
関連投稿
サステナブルWeb3ゲーム – 総合ガイド
ゲーム-かつて子供のような趣味と考えられていたものは、今や他のあらゆるレガシー産業を凌駕する産業へと変貌を遂げました。時代や地域を超えた世界的な現象となっています。 そして、グローバルなゲームムーブメントの一環として、Web3ゲームもまた、ゲーム産業の次の自然なステージとなる可能性を秘めた急成長を遂げています。Web3ゲームは現在、15 億ドル規模の産業となり、100 万人以上のアクティブなプレーヤーがいます。また、予測される数字によると、この産業は2025年までに10倍に成長し、最終的には従来のゲームに取って代わると予想されています。 これだけの成長が見込まれるにも関わらず、現在のWeb3ゲーム業界はサステナビリティの問題を抱えています。多くのゲームプロジェクトは、できるだけ早く収益を最大化することを目標に作られており、サステナビリティやプロジェクトがいつまで続くかについては考慮されていないのです。 このライトペーパーでは、このサステナビリティの課題を取り上げ、解決策を提案し、あなたのゲームプロジェクトでより良いアクションを考案する手助けになればと思います。これらの洞察を行動に移すために専門のWeb3ゲーム開発チームをお望みなら、Ekoios Technology(イーコイオス・テクノロジー)はいつでもお手伝いいたします。 📌 詳細 出版日: 2022/11/31 言語 英語 ページ数:10 読了時間:6分 フォーマット PDF もくじ Web3ゲームのクイック・ウォークスルー Web3ゲームプロジェクトで考慮すべき要素 Web3ゲームのサステナビリティについて 📌Web3ゲーム業界はサステナビリティの問題を抱えています。 この問題を回避し、NFTエコシステムを構築する方法をご覧ください。 ダウンロード
FTX後:暗号資産を守るための3つの解決策
FTXと中央集権化の問題 FTXの破綻から約2ヶ月が経過しましたが、未だにあらゆるブロックチェーンニュースで見出しを飾っています。詐欺や不正管理は残念ながら暗号資産では珍しいことではありませんが、FTXのこれらの失敗の規模は前例のないものです。 今回の破綻は、多くの人々に暗号資産の将来への信頼を失わせましたが、重要なのは、これらの破綻がソフトウェアやブロックチェーン自体の欠陥によるものではないことです。Celsius Network、BlockFi、Voyager Digital、FTX – はすべて、暗号資産を装って時代遅れの大銀行モデルを流した中央集権的なプラットフォームです。差別化を図る努力はしているものの、こうしたビジネスも従来の銀行と同様に、怪しげなビジネス行為、銀行融資、無保険口座、ポンプ・アンド・ダンピング詐欺などの影響を受けやすいのです。 そのため、解決策は暗号資産の終焉ではなく、暗号資産の目的に立ち返った新たな技術への投資である:分散型金融(DeFi)です。 分散型金融の手引き DeFiとは? DeFiには、インターネットに接続できる人なら誰でも利用でき、銀行やその他の第三者企業の介入なしに運営される金融商品とサービスが含まれます。分散型金融市場は休まないので、取引は24時間365日、ほぼリアルタイムで行われ、しかもいかなる媒体もそれをストップさせる力を持ちません。暗号資産をコンピューターやハードウェアクリプトウォレットなどに保管し、いつでもアクセスできます。 DeFiはどのようにして2回目のFTXを防ぐことができるのか? ブロックチェーン技術のおかげで、DeFiの取引は、人間が介在するよりも速く、安く、そして場合によってはより安全に行われます。従来の金融市場に存在する多くの問題を解決することを目的としています。 中央集権的な金融では、人や企業が資産やプロセスを扱います。しかし、分散型金融では、スマートなプロトコルの集合体がその仕事をこなすのです。 DeFiは、業界を悩ませている問題の多くを解決してくれるでしょう。ビジネスリーダーが倫理的で透明性が高く、説明責任を果たすことを信頼する代わりに(Sam Bankman-Friedの「輝かしい」記録を参照)、DeFiはそれらをブロックチェーン(オープン、透明、不変)に完全に置き換えようとしています。DeFiは、資金の管理を第三者に委ねる代わりに、直接かつ即座にPeer-to-Peerの取引を可能にします。お金を預ける代わりに、ユーザーはお金を貸したり、支払いを受けたりするプロセスを自分で直接コントロールできるのです。 🔸 国境を越える送金におけるブロックチェーンを適用する方法の詳細をもっと読む DeFi はどのように活用されているか? すでに導入されているdAppsやプロトコルの活用方法をご紹介します。 金融取引:決済、証券取引所、保険、貸し借りなど、あらゆることがDeFiで今すぐ実現します。 分散型取引所(DEX):peer-to-peer の金融取引を促進し、ユーザーは資金のコントロールを可能にします。人気のある取引所には、Uniswap、Curve、Coinbase、Geminiなどがあります。 E-wallets:独立して動作するデジタルウォレットは、暗号資産からゲームまで、すべてのブロックチェーンアプリケーションに投資家がアクセスできるようにします。 ステーブルコイン:暗号資産は不安定であることが多いため、ブロックチェーンアプリケーションにアクセスできるデジタルウォレットを提供します。 イールドファーミング:暗号の「ロケット燃料」として、ユーザーはDeFiプラットフォーム上で暗号資産を貸し借りし、サービスの報酬を受け取れます。 […]
2023年の6つのWeb3トレンド – 注意すべき予測
ブロックチェーンは、Webの次世代のナチュラル進化系となる勢いです。新しい非中央集権的なWebの兆候はときどき目にしていますが、今年は次のようなトレンドがますます一般化すると予想されます。2023年に出現するWeb3トレンドを探ってみましょう。 分散型取引所 昨年、いくつかの中央集権的な取引所が破綻したことで、DEXの需要が急増しました。中央集権的な取引所の支払能力が問われ、大量の引き出しが発生し、FTX、OKX、Bitfinexからの純流出額が最高値を記録しました。 このような支払能力に関する懸念が反映され、CEXトークンは著しく低迷しました。 最終的に、何が欲しいのか、次の取引の流れはどこにあるのかを決めるのはユーザーです。また、データを見る限り、DEXが速いペースで成長しており、より多くのユーザーが集中型プラットフォームから離れ続けているため、集中型取引所と分散型取引所の間のギャップは広がり続けているようです – 全てはDEXが提供する様々な利点のためです。 ・取引に必要な銀行や金融機関などの中間業者を排除できます。 ・すべての取引がブロックチェーンに記録され、いつでも誰でも検証できるため、取引の透明性が向上します。 ・従来の取引所と比較して、手数料がかからないため、低コストで取引できます。 🔸 続きを読む:分散型金融 – 暗号資産を保護するためのソリューション 分散型ソーシャルメディアネットワーク 2022年、私たちはソーシャルメディアプラットフォームがユーザーを維持するために苦戦しているサインを目にしました。また、イーロン・マスクが最近Twitterを買収したことで、人々は中央集権がもはや存在するべきかどうかさえも疑問に思い始めています。 Web2では、ユーザーは今でも参加しているプラットフォームのコミュニティ基準に大きく左右されます。しかし、Web3のソーシャルメディアネットワークでは、Web3に伴うすべての変化がユーザーのためになるので、状況は良い方向に変わる可能性があります。 Web3のソーシャルメディアネットワークでは、以下のようなメリットが期待できます。 透明性:Web3ソーシャルメディアネットワークのデータはブロックチェーン上に存在し、誰でも見ることができます。 プライバシーとセキュリティの向上:ユーザーのデータは一箇所に保存されず、複数のサーバーやネットワークに分散されるため、アクセスや操作が難しくなります。 安定性:数千のノードからなるpeer-to-peerのネットワークで運用されるため、停電やサイバー攻撃のリスクが軽減されます。 言論の自由:コンテンツを検閲する単一の組織がないため、分散型ソーシャルメディアは言論の自由を促し、ユーザーが作成したコンテンツが打ち切られることはありません。 🔎 例:Mastodonは、Twitterの分散版とみなすことができます。Mastodonは、分散型バージョンのTwitterと見なすことができます。ブロックチェーン技術に基づき、動作しているわけではありませんが、「電子メールと同様の方法で動作するフェデレートネットワーク」であると説明しています。 サステナブルプロジェクト Web3の初期導入から学べることがあるとすれば、それは短期的な思考は何にも生まないということです。例えば、ゲーム業界では、収益重視のプロジェクトがゲームの質を著しく低下させる原因となっており、誇大広告が徐々に減速する中で、人々はゲームにおいて「稼ぐ」要素を優先することがもはや有効ではないことに気付き始めています。 2023年、新興のブロックチェーン・プロジェクトでは「サステナビリティ」が新たなキーワードになっていますが、何が最善の道なのかがまだ解明されていないため、そこに至るまでには長い道のりがあります。過去の失敗したプロジェクトに基づいて、私たちは何がうまく行かなかったのか、つまり、長期性よりもマネタイズを優先させることは明らかです。 […]
ブロックチェーン開発プロセスにおける7つのステップ
ブロックチェーンを利用したWeb3.0の時代とは、ブロックチェーンこそが重要なのです。企業は、自らこの威力を利用する方法を探しています。しかし、典型的なブロックチェーンの開発プロセスがどのようなものか、また、この新しい時代のウェブ上でどのように自分たちを導いていけるのか、まだあまり明確ではありません。 ブロックチェーン開発で培った経験を持つイーコイオスは、ブロックチェーン開発のプロセスやそれに伴うあらゆる困難にも詳しいので、本日のこちらの記事で、改めてご理解いただけると思います。 ブロックチェーンとは ブロックチェーンは、暗号資産に基づくすべての取引が行われるデジタル台帳(帳簿)です。他の中央集権的なネットワークとは異なり、ブロックチェーン・ネットワークは分散化されており、いかなる人物や集団の支配も受けないように作られています。 その非中央集権的な性質から、企業は、第三者を介さずに安全な取引が可能な独自の機密ブロックチェーンネットワークを開発することができるようになりました。これは、高度な安全性、透明性、そしてブロックチェーンの不変性により、ブロックチェーン上に記録されたデータを改ざんすることがほぼ不可能であることを意味します。 ブロックチェーンソリューション導入のベネフィット ブロックチェーンは、ほとんどすべてのビジネスに導入することができ、実益をもたらし、最終的に収益を向上させることができます。ブロックチェーンは、安全なネットワーク上でデータの書き込み、読み取り、追跡を行う優れた方法と考えることができ、信頼性、透明性、追跡可能性を向上させることができます。 安全性と透明性の向上 ブロックチェーン上の記録は、一度作成されると変更することができず、1つの集中型サーバーではなく、コンピュータのネットワークにまたがって保存されます – そのため、ブロックチェーンは不変的なものと言えます。ブロックチェーンのネットワークにアクセスできる人なら誰でも、その記録を調べ、いつ作成されたか、どの暗号資産ウォレットが作成したかなど、記録のすべての情報と全履歴を見ることができるのです。 コスト削減 スマートコントラクトの存在によって、ブロックチェーンを利用したネットワークでの取引は完全に自動化され、業務の効率化と人的介入の削減が実現します。また、スマートコントラクトは基本的に柔軟性があるため、スマートコントラクトに半依存する形でビジネスを再構築することもでき、運用コストをさらに抑えることが可能です。 スピードと効率の向上 ブロックチェーンは、ほとんどすべてのものをブロックチェーン上に保存し、高速処理できるようにすることで、ビジネスプロセスを合理化します。例えば、ドキュメントはブロックチェーン上に保存され、数秒以内にどこからでも簡単にアクセスできます。 🔸 関連する記事: 6+ブロックチェーンの事例をご紹介。業界横断的なアプリケーション ブロックチェーン開発に取り組む際の注意点 ブロックチェーン開発に取り組む場合、最初から飛び込んで、思い通りに物事が進むと期待すべきではありません。むしろ、ソリューションプロバイダーに依頼する前に、まず自分が何を求めているかを知る必要があります。まとめますと、ブロックチェーン開発に臨む際の重要なポイントは以下の通りです。 開発計画:ブロックチェーン開発を行う前に、全体的な開発計画を実施することが必要です。ブロックチェーンが解決できる問題を特定し、プロジェクトのプルーフ・オブ・コンセプトを構築することからスタート ブロックチェーンの種類:パブリック、プライベート、ハイブリッドなど様々なタイプのブロックチェーンから選択可能 コスト:開発プロセスにどれだけの費用がかかるか、ブロックチェーン上の標準的な取引にどれだけの費用がかかるか、その他すべてを考慮することが必要 モデル:すべてを処理する社内の専任開発者チームか、各重要な開発作業をフリーランサーに委託するかを選択可能 ブロックチェーン開発プロセスにおける7つのステップ ブロックチェーンがどのようにビジネスオペレーションに適合するか、これから始める人も、すでに明確なアイデアを持っている人も、すべてがスムーズに進むように、以下のステップを踏むことが重要です。 ステップ1:ブロックチェーンがどのように問題解決に役立つかを確認する […]
ブロックチェーンアプリケーション開発ガイド:技術、コスト、プロセス
ブロックチェーンは暗号資産取引でよく知られていますが、その可能性はそれをはるかに超えています。製造業からメディア、金融、ヘルスケア、エネルギー、不動産、そして政府まで、事実上すべての業界で、データの透明性、セキュリティ、効率性を追求する取り組みとして、ブロックチェーンアプリケーションの利用が増加しています。 しかし、ブロックチェーンアプリケーションの開発について明確な理解がないまま、失敗を恐れて投資するべきではありません。この記事では、ブロックチェーンアプリケーションを成功に導くための技術、トップアプリケーション、そして開発方法についてご紹介します。  ブロックチェーンの定義とその応用 ブロックチェーンアプリケーションとは? ブロックチェーンと従来のアプリケーションの主な違いは、従来のアプリケーションは中央の権威によって所有・管理されていることです。従来のデータベースは、すべてのデータを1つのサーバーに保管し、中央権威はデータへのアクセスを許可する前にユーザーの資格情報を検証する必要があります。ブロックチェーンアプリケーションはdAppsとも呼ばれ、分散型の共有データベースです。つまり、すべてのユーザーがサーバーを使用せずにメッセージとデータにアクセスし、交換することができます。 ブロックチェーン技術の仕組みとは? ブロックチェーンは、すべてのデータをネットワーク上のノードメンバー間で共有し、チェーンブロックに時系列に格納するネットワークです。つまり、ブロックチェーン・ネットワークで何かが起こると(例えば、取引やデータ交換)、それはネットワークの全ノードメンバーに共有され、検証や承認が行われるのです。データはチェーンに追加された後は変更できないため、データを侵害したり盗んだりすることが極めて困難です。 ブロックチェーンアプリケーションの利点 最近、ブロックチェーンが注目されているのは、ビジネスに複数のメリットをもたらすからです。 セキュリティ: ブロックチェーンでは、データはサーバーに保存されるのではなく、デバイスのネットワークを介して保存されるため、ハッカーは情報を改ざんできません。また、ネットワーク上の全メンバーのデバイスにすべてのチェーンのコピーがあるため、変更が発生した場合、ユーザーはすぐにそれを検出できます。 スピードと効率化:  第三者が介在しないため、すべてがより速く、よりスムーズになります。また、スマートコントラクトを使用してプロセスを自動化し、スピードを上げ、ヒューマンエラーをゼロにすることも可能です。 透明性と信頼性: ブロックチェーンアプリケーションは、すべてのユーザーが取引情報にアクセスできます。前述の通り、全ユーザーの同意がない限り、データを変更できません。 プライバシー: 世界共通ですが、会員間のやりとりは非公開のため、ユーザーの個人情報は匿名性が保たれ安心です。 企業向けブロックチェーン導入事例  ブロックチェーンは、以下のような様々な方法でビジネスに導入することができます。 金融取引:ブロックチェーン技術は、取引に革命を起こす可能性を秘めています。中間業者がいなくなることで、プロセスがスピードアップするだけでなく、超低料金で安全に資金移動ができるようになります。実際に企業で使われている事例をいくつかご紹介: BitwageとAbraは資金移動と給与支払いにブロックチェーンを使用しており、Coinpipはこの技術をアプリに統合しています。 分散型クラウドストレージ:ブロックチェーン技術は、分散型ネットワーク上で安全なクラウドストレージをホストするために使用できます。Storj社はこの種のシステムの一例です。 スマートコントラクト:スマートコントラクトは、金融取引、契約上の合意、データなどを、第三者による規制なしに、わずかなコストで実行することを可能にします。これらは安全であり、破られることはありません。 ノータリー(公証):ブロックチェーンの開発は、ノータリーの作成と認証の目的にも利用できます。スマートフォンのマルチメデイア・プラットフォームであるUproovは、ユーザーの画像、動画、音声をブロックチェーンに記録することでこれらのサービスを提供しています。 サプライチェーンマネージメント: サプライチェーンの仕組みでは、複数の仕入れ先からの部品調達や交換が行われるため、一方の末端での不具合が全体のプロセスに影響を及ぼす可能性があります。のような状況に対処するため、SkuChainやProvenanceなどの企業は、ブロックチェーン技術を利用して、ステークホルダーが商品がどのように市場まで運ばれたかを確認できる永久的な記録作成に取り組んでいます。 デジタル認証プロセス: […]
Eメールで最新情報を受信
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
もくじ
  • 1
    パブリックチェーンとプライベートチェーンの類似点
  • 2
    パブリックブロックチェーン
  • 3
    プライベートブロックチェーン
  • 4
    パブリックチェーンのユースケース
  • 5
    プライベートブロックチェーンのユースケース
  • 6
    パブリックチェーンとプライベートチェーンのどちらを選択しますか?