JP
技術インサイト

EkoStreamがCOVID-19パンデミック時にビジネスの成長をどのように支援できるか

EkoStreamがCOVID-19パンデミック時にビジネスの成長をどのように支援できるか

特に物理的な相互作用が非常に限られているCOVID-19のパンデミックの間、ますます多くの組織が見込み客等にアプローチし、物理的な制限を克服し、運用の改善を支援する信頼できる方法としてライブビデオストリーミングを使用しています。ビデオが人々と組織の両方にとって贅沢から標準に進化したことが見られました。したがって、大企業の76%が年に1回、46%が少なくとも月に1回、27%が週1回Webキャストを実行しているのは不思議ではありません。

EkoStreamは、ライブストリーミングを目的としたEkoiosTechnologyの最新ソリューションです。多くのカスタマイズ可能な機能を備えたEkoStreamは、特定のニーズを持つさまざまな組織に合わせて調整できます。最新の技術スタックとクラウドベースのインフラストラクチャを搭載したEkoStreamは、信頼性が高く効率的なライブストリーミングプラットフォームであり、特にこのCOVID-19パンデミック期間における距離の問題と緊急の要求を解決するのに役立ちます。

さまざまな業界でのEkoStreamの応用

ライブストリーミングソリューションの柔軟性と有用性により、EkoStreamは、運用を支援・改善するために、さまざまな業界で広く採用されています。

ヘルスケア

コロナウイルスの流行により遠隔医療サービスが急速かつ広範囲に採用されるようになりましたが、多くの病院や医療機関は、ずっと前からすでにストリーミングサービスを採用しています。

医師はEkoStreamを使用して、外科手術をブロードキャストすることにより、新しい医師、インターン、医学生を教育し、リアルタイムの魅力的な体験を提供できます。また、一般の人々や患者に健康上の懸念について教育し、ライブチャットで質問を受け取り、特に進行中のCOVID-19パンデミックなどの健康危機の際にリアルタイムで対応することができます。たとえば、アメリカ合衆国保健福祉省(HHS)は、ライブビデオを使用して、セミナー、諮問委員会の会議、および意識を高め、医療を改善するための戦略に関する新しい研究やリスニングセッションなどの重要な議論に関するその他のイベントを放送しています。

エンターテインメント

エンターテインメント業界の多くの側面は、利益をもたらすためにイベントへの物理的な出席に依存しています。映画館やコンサート等は、それぞれ多くの俳優やミュージシャンに最も多くのお金をもたらしました。現在、これらのイベントは、集会や国際・国内の移動に対するさまざまな制限のために、開催が困難になっています。

これらのセクターの多くのプレーヤーが採用しているアプローチは、ストリーミングに焦点を合わせ始めることです。「オーバーザトップ」のビデオコンテンツは、今日、人々が映画を見る最も重要な方法になりつつあります。米国のメディアとエンターテインメント(HBO Go、Hulu、Netflixなど)のOTTビデオ収益は、2017年に201億ドルに達し、前年比15.2%増加しました。PwCは、市場が成熟するにつれて成長率が鈍化し始めると予測していますが、この分野の収益は2022年に306億ドルに達すると予想されています。Instagramライブコンサートの登場以来、多くのアーティストがデジタルコンサートを優先してファンを引き付け、 収益は軌道に戻りました。視聴者がいなければ存在できないとは思わなかったスタンダップコメディも、EkoStreamなどの高性能ライブストリーミングプラットフォームで行うことができます。

政府

地方自治体は透明性があり、市民と直接つながる必要があります。人々は、政府が明快であり、地域社会と関わり、国民の利益のために働くことを期待しています。これらの理由から、彼らは市民に話し、彼らの計画と意図を伝え、政策の変更を発表する必要があります。場合によっては、それは法的義務でさえあるかもしれません。たとえば、ニューヨーク市は地方自治体に議会の会議や公聴会のストリーミングを開始するように義務付けています。

EkoStreamを使用すると、政府機関は、物理的に存在するかどうかに関係なく、同時に数百から数千の人々にリーチできます。国民には、高齢者、病気の人、または何らかの理由で旅行できない人が含まれます。政府の会議をストリーミング配信することで、政治家や政府関係者は、メッセージをすべての市民に届けることができます。市民は、地方自治体が行った公聴会や決定について認識し、常に情報を得ることができます。

政府関係者は、ライブビデオストリーミングを使用して、会議を実施し、聴衆からの質問にリアルタイムで回答することもできます。参加者は、ライブチャットまたはQ&A機能を介して質問を送信し、質問に対する回答を受け取ることができます。

成功できるライブストリーミングアプリまたは機能を作成する手順

ステップ1:ライブストリーミングアプリまたは機能を便利にします

ライブストリーミング技術により、放送者の目を通してイベントを見ることができます。これにより、オンラインで実質的に完全な対話が可能になり、地理的な境界が消去されます。誰がその能力を必要としているのか、その理由、そして彼らがそれをどのように使用するのかを考える必要があります。視聴者と放送者のニーズを満たすことに焦点を当てます。ビデオストリーミングアプリ開発のあらゆる側面は、これらの目的を促進する必要があります。

アプリケーションをリリースする前に、潜在的なユーザー分でテストしてください。 これにより、必要な改善について最も有益なフィードバックが得られるはずです。

ステップ2:ライブビデオストリーミングアプリの基本的な機能を提供します

ライブビデオストリーミングアプリの重要な機能は次のとおりです。

  • ビデオストリーミングおよび再生機能:MVPまたはモバイルアプリケーションの最初のバージョンは、オンラインストリーミングおよびリアルタイムでのビデオの視聴に制限される場合があります。ただし、最も人気のあるアプリケーションはストリーミングビデオ再生を提供します。後続のバージョンでは、視聴者は放送が終了した後にビデオを視聴し、保存できるようになります。
  • アカウント:サービスはプロファイル別である必要があります。ユーザーは、場合によっては複数のユーザープロファイルを使用して個人アカウントを作成し、データ、電子メールアドレス、パスワード、および支払いオプションを管理できる必要があります。ユーザーが同じような興味を持つプロファイルを見つけて、放送者をフォローできるようにします。ソーシャルネットワークやデバイスストレージから連絡先を接続・取込できると便利です。認証の仕組みと適切なセキュリティコンポーネントのセットは必須です。
  • パーソナライズされたコンテンツ:効果的なフィルターと検索により、各ユーザーに適切なコンテンツを配信できます。ブロードキャストのロケーションベースのクイック検索を提供します。該当する場合、ユーザーは、すでに視聴して気に入ったコンテンツや、おすすめの放送を簡単に見つけることができるはずです。
  • コミュニケーション:放送者と視聴者がコメントできるようにします。視聴者は、ライブストリームや保存された動画を評価したり、感情的に反応したりできる必要があります。メッセージング、ライブポーリング、ユーザー統計、アプリ内購入、アニメーション、またはユーザーを引き付けるその他の手段を工夫してください。
  • ソーシャルメディアの共有:視聴者は、興味深いコンテンツや放送者を他の人と共有できる必要があります。アプリをFacebook、Instagram、その他のソーシャルネットワークと統合し、ワンクリック共有を追加します。
  • 支払い方法:特にさまざまな地域を対象としたライブビデオストリーミングサービスには、ウェブアプリやモバイルアプリでのクレジットカード、デビットカード、専用カード、プリペイドクレジットカードなど、さまざまな支払いオプションを提供する必要があります。

ステップ3:スマートな収益化戦略(ビジネスモデルによって異なる)を策定します

リアルタイムのビデオストリーミングは、刺激的な収益機会を促進することができます。ブランドが今後数年間でライブストリーミング広告に多額の投資を行うという証拠があります。

アプリケーションの発行者は楽にもうかる仕事をすることができ、仲介者として取り込んで、プロモーションをコンテンツ作成者に任せます。それでも、ユーザーエクスペリエンスと収益化の適切なバランスをとることが重要です。広告主に動画スペースを販売するときは、広告の最適な長さ、広告のスキップ、さまざまなプレースメントタイプなどを検討し、キーワードタイプ、A/Bテストのバリエーション、プレロール広告とポストロール広告を通じて広告を作成する必要があります。

広告がアプリとオーディエンスと調和していることを確認してください。たとえば、Twitchは各ビデオストリームに広告を掲載する場所を提供します。それらはゲームトーナメントの放送によく使用されます。さまざまな企業がTwitchを後援していますが、ゲームハードウェアベンダーやゲームパブリッシャーは本当にTwitchをホームにしています。このアプリは、広告なしの有料サブスクリプションも提供しています。

デートに加えて、Momoの1億1050万人のユーザーは、美容チュートリアルから音楽のカウントダウンまで、あらゆるものを投影するためにこのプラットフォームを採用しています。視聴者は、放送局にギフトを送って、注目を集めたり、感謝したりすることができます。アプリケーションは、各ギフトの価値のパーセンテージを保持します。Momoの収益化モデルの他の例から学ぶことができます。

  • 会員サブスクリプション:ユーザー向けの有料メンバーシップは洗練された検索オプション、ページにアクセスしたプロファイルを表示する機能、絵文字ストアでのオファーなどというロック解除された排他的特典を提供します。ストリーミングアプリケーションの無料トライアルと、月次、四半期、または年次のサブスクリプションの柔軟なシステムを検討できます。プレミアムアカウント、またはエンタープライズプラン/プロプランは、より多くのストレージスペースを提供したり、編集機能へのオープンアクセスを提供したり、有料ユーザーが必要に応じて基本機能を拡張したりできます。
  • デジタルコンテンツの販売:Momoは、ゲームやビジネスマーケティングサービス内にネストされた付加価値サービスを紹介していました。企業は、ユーザーがフォローできるアカウントを設定する機会を高く評価します。 もう1つの方法は、リアルタイムのビデオストリーミングが無料ですが、サブスクライバーにペイパービューまたはアーカイブされたコンテンツへのアクセスに対して課金することです。

著作権で保護されている有料のオンラインコース、相談、その他のコンテンツは、あまり人気のない収益化方法になっています。収集されたすべてのデータ(リアルタイムビュー、1か月あたりのユーザーあたりのセッション数、セッションあたりに消費されたコンテンツの量、エンゲージメントレベルなど)は、興味のあるサードパーティにとって価値があり、料金を支払ってもらいます。最後に、ライブビデオストリーミングアプリを最終的に「ホワイトラベル製品」として別のブランドに再販できます。

ステップ4:適切なユーザーエクスペリエンス(UX)を確保します

メニュー構造からストリームビデオの速度と品質まで、視聴者がアプリのコンテンツをどのようにナビゲートしたいかに注意してください。広告はUXの重要な部分であることを忘れないでください。

ユーザーは、ホームページでワンクリックだけで、確実にビデオコンテンツにアクセスできる必要があります。考慮すべきその他の便利な機能は、開始時の自動再生、連続再生、ビデオへのアクセスの制限、ブロードキャストの一時停止と巻き戻し、プッシュアラート、ピクチャーインピクチャーモードまたはバックグラウンドモード、ダウンロード機能などです。機能を実装する前に、アプリ開発者は機能の将来の使用とコストを評価する必要があります。

MVPの場合、優先プラットフォームに焦点を当てるはずですが、視聴者はモバイルデバイスや画面の全範囲でコンテンツにアクセスしたいです。マルチプラットフォームの採用は、AndroidおよびiOSの携帯電話やタブレット、Apple TV、Roku、Windows、および人々が期待するあらゆる場所で視聴者にリーチする方法です。

ビッグデータは、パーソナライズされた提案を表示し、パーソナライズされた方法でコンテンツを配信することにより、アプリ開発者がUXを改善するのに役立ちます。人工知能は、人口統計情報に基づいたモデルの作成を支援できます。配信をセグメント化し、特定のユーザータイプに様々な体験を提供できます。

サービス品質には、コンテンツ配信の多くのコンポーネント(圧縮、送信、配信、コンテンツの再生など)が含まれます。これらは主に技術スタックによって決定されます。

ステップ5:適切なテクノロジーを使用します 

モバイルビデオストリーミングアプリを作成するための技術スタックは、以下を可能にする必要があります。

  • ビデオ/オーディオのキャプチャ、圧縮、パッキング、およびストリーミングサーバーへの転送
  • サーバー側では、着信ストリームのビジネスロジック、処理、保存、再エンコードなどに応じた操作を実行
  • 直接配信または中間ストレージを使用して、ストリームを視聴者に配信 (後者はストリーミングビデオ用のプラットフォームを採用する必要がありますが、マーケティング調査と視聴者カバレッジの評価のためのより多くの機会を提供)

システムを設計する前に、ストリーミングプロトコルを選択することが重要です。リアルタイムメッセージングプロトコルは、ライブブロードキャスト用の最も強力で最適化されたプロトコルです。幸いなことに、アプリ開発者は、プラットフォームにライブストリーミングを導入するために、すべてをゼロから構築したり、既存の技術スタックをオーバーホールしたりする必要はありません。AndroidおよびiOS向けの最高のライブビデオストリーミングアプリであるEkoStreamのような既製のフレームワークを注文して、ライブストリーミングプラットフォームを採用することができます。

ほとんどのライブストリーミングアプリは、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、またはAmazon Cloud Servicesを利用しています。視聴者が多いほど、視聴者にコンテンツを迅速に配信するために必要なサーバーとチャネルが増えます。Amazon CloudFront、Cloudflare、Fastly、Open Connectなどのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)により、ファイルの迅速な処理が可能になります。CDNは、バッファリングに関係なく、適切なタイミングで適切なユーザーにコンテンツを配信します。DDoS攻撃に対する強力な耐性があり、起動時のフォールトトレランスが向上しています。

ライブビデオストリーミングアプリの開発で使用されるプログラミング言語とフレームワークには、C ++、Go、HTML5/CSS3、Java、JavaScript(AngularJS、Backbone、EmberJS、Node.js、React等)、Python、Ruby onRailsが含まれます。

アプリの開発者とパブリッシャーは、アプリケーション全体で実行される広範な分析スイートを活用する必要があります。Google Analytics、MixPanelに加えて、主要なビデオストリーミング固有の分析パッケージはComScore、Conviva、およびNielsenです。

EkoStreamは、ライブチャット、双方向性、分析など、さまざまなユースケースに活用できる多数の機能を備えたライブビデオストリーミングサービスを提供します。ライブストリーミングを事業運営に適用する方法の詳細については、こちらからリクエストをご送信ください。

タグ:
  • ライブストリーミング
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連投稿

べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
Vietnam Ekoios Technology Joint Stock Company サイバードと業務提携 NFT等ブロックチェーン技術を用いたサービスの開発支援事業を開始
Vietnam Ekoios Technology Joint Stock Company(本社:ベトナム ハノイ、CEO Dylan Do、以下「Ekoios」)は、株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO 本島 匡、以下「サイバード」)との業務提携に関する基本合意書(以下、「MOU」)を2021年11月5日に締結しました。 NFTを用いたサービスへの著名なスポーツ選手やアーティスト等の参加が相次ぎ、「NFT」という言葉が広く知られるようになりました。またブロックチェーン技術を活用したNFTゲームサービスも世界市場において数多くリリースされてきており、ゲームをはじめ、世界市場においてブロックチェーン技術を活用したNFT市場は大きく拡大しています。また昨今においては、金融の仕組みをゲーム化した「GameFi」を実装したゲームタイトルが注目されており、ゲームをプレイする事を通じて利益を得る事は「Play to Earn」と呼ばれています。このような経済活動とゲームの領域を跨いだサービスは今後も拡大していくだろうと予想され、大きな成長市場になっていくものと考えられます。 CEO Dylan Dong Doは、「1998年の設立時より国内外の市場をカバーしてきたサイバードは、ゲーム業界で確固たる地位を築いてきました。ゲームプロジェクトのためのブロックチェーンとNFTの両方のマーケットプレイス開発を含む多様なポートフォリオ、優れたサービスと驚異的な納期の速さにより、今回のMOU締結を通じて、Ekoiosはサイバードの存在感をさらに高め、世界中のゲーマーに力を与えることができるでしょう」と述べています。NFT、GameFi、そして最近ではMetaverseなどのトレンドの中で、我々の協力がゲーム体験にインパクトを与え、業界に革命的な変化をもたらすと信じています。日本のNFT市場は、2019年から2020年にかけて市場規模が50%増加すると言われており、今後の成長が期待されています。 サイバードについて サイバードは1998年、日本のモバイルインターネット黎明期に創業。以来、市場環境の変化、テクノロジーの進化を常に見据えて、モバイルを中心としたエンタテインメントコンテンツサービスを提供してきました。現在は、全世界でのシリーズ累計3,500万人以上の会員数を誇る恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」をはじめとした各種ゲーム/コンテンツを中心に、グッズ、2.5次元舞台、ネットくじ、IP検定等の各種サービスを展開しています。 会  社   名:株式会社サイバード(https://www.cybird.co.jp/) 本       社:東京都渋谷区猿楽町10-1 マンサード代官山 […]
新型コロナウイルス感染症 エンターテインメント業界でのライブストリーミングサービスへの移行を加速
With social distancing measures implemented as a result of the pandemic, digital habits quickly changed and live-streaming platforms saw a sharp rise in users.
Ekoios TechnologyがGenesisAIとAI開発・配信パートナーシップに関する了解覚書を締結
2021年1月5日、Ekoios TechnologyとGenesisAIの間の了解覚書(MoU)がオンライン署名され、両当事者間のパートナーシップにおけるマイルストーンをマークしました。
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。

製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。