Icon search
JP
ブロックチェーン

ブロックチェーンを御社の業務に適用する際の実用性を評価

ブロックチェーンを御社の業務に適用する際の実用性を評価

今日では、暗号化ブロックの安全なチェーンを通じてブロックチェーン技術が消費者のデータ共有・格納方法をどのように変えられるか見てきました。ブロックチェーンは通貨に革命を起こすだけでなく、イベント、医療記録、トランザクション処理、投票などの分野を体系化することもできます。

ブロックチェーンのメリットの一つはユーザデータの分散化であり、提示される情報が正確であるという合意を形成する参加者のパブリックネットワークを通じて実現されます。1つのエンティティまたは企業がデータを制御する代わりに、ブロックチェーンデータはその参加者全体で共有され、これらのユーザーはコードをブロックチェーンに追加する権限を持っています。ブロックチェーンはまた、暗号資産の可能性を生み出し、商品をトークン化された暗号データのセットに変換し、商業レベルで使用できるようにします。

ブロックチェーン技術の人気は、分散型テクノロジー的なビジネスモデルを促進したい企業にとって、新しいビジネスモデルとプロポジションを可能にします。しかし、テクノロジーとその実用性の評価については、分散化、暗号資産、ビジネスモデルの3つの側面を考慮する必要があります。

分散化

分散化は、ブロックチェーンテクノロジーとビジネスモデルへの移行の最大原動力です。公開レコードのデータを分散化することにより、ブロックレベルのデータはすべてのユーザーに対して透明になります。 ブロックチェーンは完全に分散化されていて、コーディングはオープンソースであるため、1つのエンティティが情報を所有または制御せず、新しいユーザーが参加する度に分散化が強化されます。ネットワークに参加者が増えるほど、個人が情報を制御・編集することが難しくなります。

ブロックチェーン技術は、通常、政治的、アーキテクチャ的、商業的、または契約上の4つ方向のいずれかに沿って分散化されます。詳しくは以下の通りです。

• 政治的分散化:政治的分散化とは、何人(個人又は組織)がシステムを制御しているかを指します。より多くの人々がブロックチェーン活動に参加するほど、政治的分散化は強化されます。つまり、関与する個人が増えるほど、それぞれの参加者の影響力が弱まります。

アーキテクチャ的分散化アーキテクチャ的分散化とは、システム運用に必要なハードウェアおよびソフトウェアの量を指します。インフラの中心点がない(例えば、ネットワークの中心にあるコンピューターが1つもない)ため、ブロックチェーンはアーキテクチャの分散化に従います。

商業的分散化商業的分散化とは、分散型ネットワークに生み出されたビジネスモデルと機会を指します。たとえば、通貨取引で分散型の方法は、手数料と金利が設定される典型的な銀行モデルを破壊し、人から人への直接送金を可能にします。

契約上の分散化:ブロックチェーン技術の「スマートコントラクト」として知られている契約の分散化は、ブロックチェーンコードにより個人間のトランザクションを初期化します。コントラクトには人間の調停がなく、両方の当事者が契約の規則に従うと取引が初期化されます。

暗号資産

暗号資産は、テクノロジーを評価するもう1つのレンズです。暗号資産は技術の動向とその収益化の可能性を決めます。暗号資産は、暗号商品、トークン、または仮想通貨の3つのいずれかになります。

暗号商品実物の世界では、人気のある商品(コモディティ)には金属と石油が含まれます。しかし、デジタルの世界では、これらはネットワーク、ストレージ、コンピューティング、プロトコルに対応して、トークン化されたデジタル製品の作成に役立ちます。暗号商品の内、ユースケースによって1つ以上がスケーリングされる可能性があります。

トークントークンは、暗号商品で作成された完全なデジタル製品に似ています。トークンの堅実なユースケースが多くありながら、実際に存在する必要はないケースも、弱いユースケースも多いです。暗号化商品がこれらのトークンを構築する方法と、そのユースケースが本当に価値を生み出すかどうかを慎重に検討する必要があります。

仮想通貨仮想通貨は、多数のコンピューターに分散されたネットワークに基づく新しい形式のデジタル資産です。この分散型の構造により、政府や中央当局の管理外に存在することができます。

ビジネスモデル

最終で最も重要な側面は、ビジネスモデルが価値を創出できるかどうか、ある種の持続可能な経済ロジックが見えるかどうかのことです。ブロックチェーンの世界では、資産、信頼、所有権、お金、アイデンティティ、および契約(assets、trusts、ownership、money、identityと contracts、略語:ATOMIC)はすべてプログラム可能です。ビジネスモデルは、これらのうちどれが収益化されるか、何が助成されるか、ドルがどのようにビジネスを流れるかに基づいて作成されます。上記のそれぞれがまとまりのあるビジネスモデルにどのように結びつくかを理解するのは重要です。

数少ない注目のブロックチェーンビジネスモデルの1つは、トークンを使用してビジネスの機能を推進するトークンエコノミーです。 最近、分散型経済は、既存の市場経済システムに対する批評の一部として浮上しています。仮想通貨と資産は分散化を可能にし、それは間違いなく経済に影響を与えます。政府の介入がほとんどないため、商品やサービスの需要を決定するのはオファーなので、商品やサービスは民間企業の手に委ねられ、品質と価格が高くなります。たとえば、Ekoiosによって開発された不動産取引プラットフォームであるGenesis Kingdomは、ユーザが自分の土地をトークン化できるようにし、投資家に民間の不動産投資への前例のないアクセス、透明性、流動性を提供し、資本をより効率的に調達できるようにします。

Ekoiosテクノロジーは、APACのブロックチェーン技術の先頭に立ち、ブロックチェーン応用を普遍化しています。弊社は多くのスタートアップや企業にコンサルティングと開発サービスを提供しており、トークン、仮想通貨取引、eWallet、アプリケーションの立ち上げにサポートしています。ブロックチェーンでの豊富な経験と非常に熟練したソフトウェア開発者のチームがいて、お客様のアイデアを実現し、プロセス中24時間年中無休のサポートを提供するために必要な専門知識を有していて、非常に手頃な価格で最高の品質を提供します。詳細については、お問い合わせください。

Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連投稿

ブロックチェーン活用事例:業界を超えての活用&自社/ビジネスへの導入方法
金融、ヘルスケア、不動産など、数え切れないほどの分野で採用されているブロックチェーンの概要と、この技術で何が可能になるかを紹介します。
べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
EkoiosがAge of Gods向けベスティングツールを開発した事例
これらのホワイトラベルのベスティングツールは、プロジェクトが自らロックアップされたトークンを管理する能力を与えられます。この記事では、私たちが完了したばかりのプロジェクトの1つであるAge of Godsの事例をご紹介します。
トークンベスティングツール:ブロックチェーンスタートアップに必要なもの
ブロックチェーンサービスに強みを持つ Ekoios は、暗号資産プロジェクトがトークンをロックし、リリーススケジュールを設定できるようにする革新的なソリューション、トークンベスティングツールを開発・提供しました。ここでは、当社の新サービスであるトークンベスティング ツールの開発について詳しく説明し、それがプロジェクトオーナーや投資家にどのようなメリットをもたらすかを解説します。
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。