Icon search
JP
ソフトウェア

アジャイルとウォーターフォールの方法論の違い

アジャイルとウォーターフォールの方法論の違い

アジャイル方法論

ウォーターフォールと比較して、現在アジャイル手法はますます世界中の企業によりソフトウェア開発のために採用されています。

ウォーターフォール方法論

ウォーターフォールは基本的に、ソフトウェア開発が事前に定義された一連の工程(実行可能性調査、企画、設計、実装、テスト、本番、サポートを含む)に分離される順次モデルです。一方、アジャイルは線形の順次アプローチに従い、同時にプロジェクトの進行中に要件が変化するため、柔軟性を提供します。

ウォーターフォール方法論とアジャイル方法論のトップ10の違いは次の通りです。

  1. ウォーターフォールモデルでは、ソフトウェア開発プロセスがさまざまな段階に分割されています。アジャイル方法論では、プロジェクト開発ライフサイクルをスプリントに分割します。
  2. ウォーターフォールは構造化されたソフトウェア開発方法論であり、かなり硬直的な場合が多いです。アジャイル方法論は柔軟性で知られています
  3. ウォーターフォールモデルでは、ソフトウェア開発は1つのプロジェクトとして見なされて、幾つかのフェーズに分割され、各フェーズはSDLC中に一度しか出ません。一方、アジャイル方法論は、ユーザーや品質保証チームからのフィードバックによるソフトウェア全体の品質の向上に焦点を当てた様々フェーズの反復にすぎない、複数のプロジェクトから構成されると見なします。
  4. ソフトウェア開発にウォーターフォールモデルを採用する場合は、プロジェクト開発開始後に要件を変更する余地がないため、事前にすべての開発要件を明確にする必要があります。一方、アジャイルの方法論は非常に柔軟であり、初期計画が完了した後でも、プロジェクト開発要件を変更ができるようにします。
  5. 設計、開発、テストなどの全プロジェクト開発フェーズは、ウォーターフォールモデルで一度で完了されますが、アジャイル手法によると、反復的な開発アプローチに従います。 その結果、SDLC中に、計画、開発、プロトタイピング、およびその他のソフトウェア開発フェーズが複数回実施される可能性があります。
  6. アジャイル開発手法とウォーターフォール開発手法の重要な違いの1つは、品質とテストに対する個別のアプローチになります。 ウォーターフォールモデルでは、「テスト」フェーズが「構築」フェーズの後に行われますが、アジャイル手法では、通常、テストはプログラミングと同時に実施されるか、少なくともプログラミングと同じの反復で実行されます。
  7. ウォーターフォール手法は内部プロセスであり、ユーザーの参加を必要としませんが、アジャイルソフトウェア開発アプローチはユーザー満足度に焦点を当て、開発段階全体でユーザーの参加が含まれます。
  8. ウォーターフォールモデルは厳格な逐次プロセスと見なすことができますが、アジャイル方法論は非常に協調的なソフトウェア開発プロセスであるため、より良いチームインプットとより迅速な問題解決につながります。
  9. ウォーターフォールモデルは、要件が明確に定義されており、変更がまったく予期されないプロジェクトに最適です。一方、アジャイル開発は、要件が変更および進化すると期待されるプロセスをサポートします。したがって、定期的に見直してユーザーの技術的展望と要件に対応する必要があるソフトウェアを開発する場合は、アジャイルが最善のアプローチです。
  10. ウォーターフォールモデルは、プロジェクトの考え方を必要とし、プロジェクト開発の完了に専念しています。アジャイルは、開発された製品がユーザーの要件を満たし、ユーザーのニーズが変化した場合に適応できるようにすることを目的とした製品の考え方を導入しています。

Ekoiosは、手頃な価格でカスタムソフトウェア開発サービスを提供するグローバル企業です。信頼できるソフトウェア開発アウトソーシングのパートナーを探しているなら、今すぐ弊社にご連絡ください。そうしていただければ、弊社の担当者が連絡を取り、プロジェクトの要件について相談させていただきます。

Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連投稿

EkoStreamがCOVID-19パンデミック時にビジネスの成長をどのように支援できるか
EkoStreamは、ライブストリーミングを目的としたEkoiosTechnologyの最新ソリューションです。多くのカスタマイズ可能な機能を備えたEkoStreamは、特定のニーズを持つさまざまな組織に合わせて調整できます。
遠隔医療 ライブストリーミングテクノロジーを活用してサービスを提供する方法
遠隔医療は、交通費と施設費用を削減しながら、医師が患者に高品質の医療を提供するのに役立ちます。
レガシーシステム移行のステップ
レガシーマイグレーションとは? レガシーシステムは、現在も使用されている時代遅れのソフトウェアまたはハードウェアです。これらのシステムは、元々設計されていた要件を満たしている場合がありますが、通常は、もはや一般的ではない古いテクノロジーに基づいて構築されました。レガシーシステム移行とは、古いITシステムを新しいハードウェアインフラまたはソフトウェアプラットフォームにアップグレードすることを指します。 What are the Steps to Completing Data Migration from Legacy Systems? 1. Identify the data, format, location and sensitivity Understand what data you’re moving, the format […]
ベトナムIT企業がスタートアップ企業のコスト削減をどのように支援できるか
COVID-19パンデミックはビジネスを世界的に揺るがし、数十億ドルに損害を与えている内に、スタートアップはクライアントのためにサービスと製品を維持しながら必死に嵐を乗り越えようとしています。 その結果、多くのスタートアップ企業は、運用の一部を停止し、スタッフを解雇することによって犠牲にしなければなりませんでした。最初これらの対策は論理的そうですが、実施されると、約束した結果をクライアントに提供できなくて、既存の顧客を失うので、これらの企業はより脆弱になります。 そのため、テックのスタートアップが最高のパフォーマンスを維持しながらコストを節約できるようにする適切な戦略を見つけるのが肝要です。つまり、比較的に高価な冗長な人材を削減し、より経済的に実行可能なオフショアチームを運用サポートに採用します。 最近の調査によると、オンショアと比べてオフショアソフトウェアプロジェクトの平均年間コスト節約額は、プロジェクトごとに約56,000ドルです。これは大幅な削減であり、スタートアップにとって非常に価値があります。 ベトナム:急成長しているIT人材で急速な経済回復 政府の早期で効果的な病気対策の実施により、ベトナムはCOVID-19による死亡率が最も低い30か国の1つです。その結果、ベトナムはASEANで最初に再開した国の1つになり、ビジネスを回復することができます。これは、皆がすでに仕事に戻ったオフショアをはじめ、ベトナムが他の国より先にビジネスを回復し始めていることを意味します。クライアントの要求を満たそうとしながら、社会距離拡大のために運用を削減しなければならない状況では、中断なしに続行できる能力を持つのは大切です。 それに、ベトナムのGDP成長率は平均6%で、インドネシア、タイ、マレーシアなどASEANの他の有名なオフショア先と比較して最速です。 従って、ベトナム市場も近い将来、はるかに多くの可能性を秘めています。 一方、ベトナムは若いエンジニア、ソフトウェア開発者、起業家が生まれる技術的な才能の繁殖地としてもよく知られています。500 Startups Vietnam(ベトナム500スタートアップ企業)のジェネラルパートナーであるEddie Thai氏は、ベトナムが2024年までにエンジニア数が最も多い上位3か国にランクされると予想していました。したがって、ベトナムはオフショアのテックスタートアップが最適な人材を見つけて採用できるための豊かさを提供します。 採用の観点からすると、人材プールが広ければ、運用の拡大にかかる時間(コスト)を節約できます。採用活動により、企業はより多くの候補者にアクセスできるようになり、募集している位置に適した才能を短期間に獲得できる可能性が高くなるため、全体的な時間/コストが大幅に削減されます。採用効率が上がると、テックのスタートアップ企業は他のコア事業活動に集中できるようになります。 ベトナムの労働力はお手頃な価格で信頼できる 熟練した人材の不足は、オンショアの人件費が非常に高くなる理由の1つです。実際、企業は東南アジア諸国のオフショアで人材を活用することがよくあります。それでも、他の競合他国と比べて、ベトナムは給与が安いですが、信頼できる労働力があるため、注目を集めています。 ベトナム政府は誰よりも経済成長にとって外国投資がいかに重要か分かります。したがって、為替レートに敏感な輸出が主導する急成長経済を可能にするために、通貨の競争力を維持することに多くの努力を注いできました。その結果、ベトナムの人件費は、インドネシアやシンガポールなどの隣国よりも約10〜50%低くなり、未経験の開発者ならフィリピンよりも約5%安くなっています。   ロール 国ごとの人件費(米ドル /年) ベトナム インドネシア フィリピン シンガポール 開発者 7,200 – […]
ソフトウェア開発プロジェクトをアウトソーシングする目的地としてベトナムを選択する5つの理由
ベトナムは最近、グローバルなテクノロジーコミュニティにおけるソフトウェア開発アウトソーシングの新興市場となっています。競争コスト、高度なスキルを持つIT人材、一流の技術人材が誇るベトナムは、ソフトウェアおよびモバイルアプリケーション開発プロジェクトをアウトソーシングする企業にとって魅力的な選択肢です。 それに、Intel、IBM、Microsoftなどの著名な米国のテック企業が積極的にベトナムに投資し続けています。近年、日本やオーストラリアなど、他の先進国の多くのテック企業は、ベトナムでのプロジェクトに取り組むためにオフィスを設立し、ソフトウェア開発者を雇用しています。この傾向はますます人気が高まっています。 ベトナムがグローバルIT労働力に参加 現在、ベトナムは驚異的なスピードで発展しており、様々な業界の革新的な専門家が急増してきて、その中でIT専門家は際立っています。A.T. Kearneyという経営コンサルティング会社により公開されたGlobal Services Location Index (GSLI)によると、ベトナムがグローバルソフトウェアアウトソーシング業界で2017年に6位に、2019年に5位に躍進しました。 ベトナムのソフトウェア開発者は素晴らしい成果を上げ、高品質の仕事と独創的なアイデアで世界中で認められていますが、ベトナムの経済はまだ発展途上であり、他の先進国に追いつくように頑張っています。これはベトナムのソフトウェア開発者の採用を非常に有益にします。委託元のテック企業は高品質のIT仕事を自分の国の平均レートよりはるかに低い価格で受け取れます。 また、ベトナムにアウトソーシングするメリットは、リーズナブルなコストだけではなく、ベトナムのソフトウェア会社に外部委託する他の理由は次の通りです。 1.若くて、ダイナミックで教養の高い労働力 多くの先進国は、かなり長い間、技術人材不足の問題に直面しています。しかし、現在ベトナムは、有能なIT開発者の数は常に増加しているという逆の方向に進んでいます。ベトナムの広大なテック人材プールから熟練したソフトウェア開発者を選び、拡張チームモデルを通じて彼らと協力することによって、テック企業はこの傾向から利益を得ることができます。 2.高品質の技術教育 ベトナムの大学で、技術教育だけでなく、自習や研究の質も日々高まっています。教育は、ベトナムの技術労働者が世界で最高のソフトウェア開発者にランクされる主な理由の1つです。 3.便利な位置 ベトナムと他のアジア諸国との時差は平均で1時間から数時間であり、毎日のコミュニケーションの効率にほとんど影響を与えません。それに、ハノイから数時間以内にほとんどのアジアのテクノロジーハブにアクセスできるため、アジア内の旅行は非常に便利です。 また、ヨーロッパやアメリカの主要都市との直行便も終日利用できます。移動時間は明らかに長くなりますが、24時間未満の最大時差なので、毎日の情報同期と柔軟な労働時間を採用すると効率的に協力できます。 4.最先端のテクノロジー ベトナムの技術労働者は、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、機械学習、クラウドコンピューティングなどを含む最新のテクノロジーを常にアップデートし、新しいチャレンジを恐れません。それに、ベトナムの開発者は、強力な技術スキルも持っていて、世界中の何百万人ものユーザによって使用されている複雑な大規模ITプロジェクトでの実務経験も持っています。 5.英語能力 EF Educationによると、ベトナムはEF Education Firstの英語能力指数全体で29位であり、アジア諸国では5位にランクされています。ベトナムの教育機関は、(単なる外国語ではなく)第二外国語として英語教育を実施しています。これは当然、学生の機動性と国際的な労働力のコラボレーションを向上させるのに役立ちます。 また、日本語を学んでいるベトナム人や学びたい人も増加しています。 2017年日本語能力試験の結果によると、ベトナムで71,242人(東南アジアで最も多い)が受験し、2011年に受験した14,317人の約5倍で劇的に増加しました。 […]
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。