JP
技術インサイト

新型コロナウイルス感染症 エンターテインメント業界でのライブストリーミングサービスへの移行を加速

新型コロナウイルス感染症 エンターテインメント業界でのライブストリーミングサービスへの移行を加速

封鎖措置は、メディアおよびエンターテインメント業界の長期的な傾向を加速させています。2020年5月27日~6月1日まで実施され、2,500世帯を対象としたEY消費者調査では、COVID-19パンデミックの結果として、テクノロジー、メディア、テレコム製品に対する認識、態度、ニーズがどのように変化しているかを調査しています。

COVID-19パンデミックとその結果としてのロックダウンは、ストリーミングサービスの大幅な普及とデジタル採用の増加を引き起こし、従来のメディアサービスにもますます圧力をかけました。世帯のほぼ2割(19%)が、パンデミックによってテレビの消費習慣が取り返しのつかないほど変化したと述べています。この傾向は18〜24歳の若い世代の間でさらに顕著であり、23%が自分の習慣が不可逆的に変化したことに同意しています。

ストリーミングサービスの急増

すべての世帯では、封鎖措置によりストリーミングサービスの使用が大幅に増加しました。世帯の3分の1以上(36%)は、ストリーミングサービスをより頻繁に使用していることに同意しています。これは、18〜24歳の若年成人では57%に上昇します。

2019年10月に実施されたEYの年次デジタル世帯調査では、家庭で使用されたコンテンツサービスの平均数は3.4でした。しかし、パンデミックの間、これは20%以上増加して4.2になりました。この中で最大の勝者は、グローバルストリーミングサービスと公共サービス放送局(PSB)であり、主要な2つのチャネルからの放送局のビデオオンデマンド(BVoD)が増加しています。

デジタル採用の増加

世帯がより多くのコンテンツオプションでロックダウンの暇な時間を埋めようとしたため、多くの消費者は初めて放送局やその他の無料プラットフォームからのキャッチアップサービスに目を向けました。全世帯のうち、11%が初めてBVoDサービスを試しました。さらに説得力のあるのは、55歳以上の15%が初めてPSBストリーミングサービスを視聴するという、古い世代の間でのデジタル採用の高まりでした。

従来のメディアの役割の減少

危機とニュースへの関心の高まりにもかかわらず、この時期にニュースを印刷メディアで読む世帯はわずか6%でしたが、新聞がこの危機にうまく対応したと信じた世帯はわずか3分の1(34%)でした。

テレビストリーミングは、COVID-19の期間中に不可欠なサービスとなり、そのようなサービスは、メディアオプションの主流の組み合わせにおける地位を強化しました。ストリーミングサービスがどれだけうまく対処しているかについての肯定的な感情は、3月の封鎖開始時の回答者の66%から5月の70%に上昇し、NHSに対する感情の増加が79%から86%に増加しました。

ストリーミングサービスは、当初映画館でのリリースが予定されていた大ヒットコンテンツを利用して、コンテンツの範囲を広げるために迅速に対応しました。その結果、このようなサービスの利用が世帯の36%に増加しました。追加の需要も子供がいる世帯によって促進され、使用量の増加を報告している世帯の45%を占めています。
ブロードバンド事業者は、メッセージと計画において、ストリーミングサービスに対するこの肯定的な世論の認識を考慮する必要があります。ネットワークの信頼性と回復力は消費者にとって重要な問題になりましたが、バッファリングが発生したとしても、消費者の批判を受けるのはストリーミングプロバイダーではなく、ブロードバンドプロバイダーです。この問題をより深く理解することは、ネットワークプロバイダーがサービスの一貫性と顧客体験を確保するのに役立ちます。

EYの調査によると、封鎖措置により公共サービスコンテンツの消費が増加しましたが、これは主に消費者のニュースへの関心が原因でした。 封鎖の開始時に、人口の半数(50%)は、より多くのニュースコンテンツを見ていることを認めましたが、その後46%に減少しました。同様に、ニュースに対するPSBへの依存度は、当初の40%から30%に低下しました。

ロックダウンの開始時、PSBに対する信頼は高く、77%の世帯が状況にうまく対処していると考えていましたが、5月にこの数字は61%に低下しました。

PSBにとって、これは視聴者の理解を促進する学習体験でした。PSBは、機会を逃さないように、学習した内容を、長期的なデジタル戦略の設計・実施、および目的の再定義に早急に変換する必要があります。

COVID-19中のライブストリーミング利用者の急増

パンデミックのために実施された社会的距離戦略により、デジタルの習慣は急速に変化し、ライブストリーミングプラットフォームではユーザーが急増しました。米国では、TikTokのようなソーシャルライブストリーミングプラットフォームで、ダウンロード回数が週ごとに18%も増加しました。さらに、Payoneerのデータによると、人気のソーシャルストリーミングプラットフォームであるBigo Liveは、2020年4月から5月にかけて、第1四半期の初めと比較して月間アクティブユーザーの成長率が高くなりました。

さらに、中国ではライブストリーミングショッピングが急成長し、地元のeコマースの大手企業がライブストリーミングプラットフォームと提携して、消費者は放送中に製品を購入できるようにして、売り上げを伸ばす機会を掴みました。多くのゲーマーやミュージシャンも、有名人のトーナメント、バーチャルフェスティバルを主催し、新しい音楽をリリースすることで、これらのプラットフォームを活用しています。実際、ビデオストリーミングプラットフォームのTwitchでは、音楽と舞台芸術のカテゴリが524%増加しました。

ロックダウン中のライブストリーミングによる収益化

Payoneerの報告によると、グローバルなライブストリーマーは、パンデミックが収益にどのように影響したか、ライブストリーミングがどのようなメリットをもたらすか、パンデミック後のこの繁栄した風景の将来がどうなると信じているかを示しています。

したがって、調査回答者の51%は、ライブストリーミングプラットフォームからの収益が1年未満であると述べており、現在のパンデミックは、ライブストリーミングがすでに急増し始めた時期に発生したことを示唆しています。これまで以上に多くの人々が家にいることで、パンデミックはこの景観を大幅に助力しました。

ライブストリーミングの収益に関しては、38%がパンデミック時に収益が増加すると予想し、25%がほぼ同じ収益を得ると予測しました。これは、世界中でロックダウンが実施されているので、物事を気にせず、他の人と交流するために視聴者は今まで以上にエンターテインメントを求めています。

今後、パンデミックが収まると、この活況を呈する業界にどのような機会が生まれますか? ライブストリーマーの62%は、COVID-19後の収益の増加を期待していますが、収益が減少すると考えているのは11%のみであり、ライブストリーマーの将来は明るいことを示唆しています。

EkoStream エンターテインメントと収益化のための究極のライブストリーミングプラットフォーム

EkoStreamは、ライブストリーミングを目的としたEkoios Technologyの最新ソリューションです。多くのカスタマイズ可能な機能を備えたEkoStreamは、さまざまなビジネスモデルを持つエンターテインメント業界向けに特別に調整できます。最新の技術スタックとクラウドベースのインフラストラクチャを搭載したEkoStreamは、信頼性が高く効率的なライブストリーミングプラットフォームであり、特にこのCOVID-19パンデミック期間における遠隔エンターテインメントの問題の解決に役立ちます。

EkoStreamがビジネスにどのように役立つかについて詳しくはこちらでお問い合わせください。

タグ:
  • ライブストリーミング
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連投稿

NFTのミントの仕方に関するビギナーズガイド What, How, and Where
この記事では、NFTとは何か、NFTをミントする方法、NFTをミントするのに最適な場所など、ミントの手順を一緒に学びましょう。
ブロックチェーン・エキスポ東京2022にEkoiosが海外出展で参加しました
今年5月に開催された日本を代表する専門展示会「ブロックチェーン EXPO 東京」に、 Ekoios Technologyがブース出展し、成功を収めました。
パートナーシップの発表 Ekoios×Securichainによるサイバーセキュリティの強化
この提携は、200以上のブロックチェーンプロジェクトや企業を抱えるグローバルな顧客全体に提供されるEkoiosの製品・サービスに対するセキュリティ強化の需要の高まりに対応することを目的としています。
べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。

製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。