Icon search
JP
ブロックチェーン

資産のトークン化:新しいトレンドの概要

資産のトークン化:新しいトレンドの概要
Table of Contents
  • 1
    資産のトークン化を説明する例
  • 2
    市場がトークン化に移行している6つの理由
  • 3
    何がトークン化できますか?
  • 4
    資産のトークン化のメリット
  • 5
    資産トークン化の採用を妨げるいくつかの課題
  • 6
    トークンエコノミーに参加するには考慮すべき点

トークン化の出現により、資産への投資方法が変わる可能性があります。不動産、絵画、貴金属、会社の株など、何でもブロックチェーン上でトークン化されています。資産のトークン化とは、実際の資産をデジタルアセットに変換するプロセスを指します。以下に例を挙げてプロセスを説明いたします。

Asset tokenization

資産のトークン化を説明する例

スマートコントラクトとブロックチェーンをしばらく忘れましょう。不動産に投資したいが、初期投資金額は5,000ドルしか持ってないとします。小さなもので始めて、適度に投資を増やすことを望むかもしれませんね。たとえば、2、3か月ごとに数千を投資したいとします。不動産業界ではそんなことは厄介なことのように思われるかもしれません。人々はアパートの4、5平方メートルを買うことがまだできません。

逆に、あなたはアパートを持っていて、すぐにいくらかのお金が必要になるとします。あなたのアパートの価値は200,000ドルですが、必要な金額は30,000ドルだけです。そのアパートを使って必要なお金にする方法を知っていますか?

Real estate tokenization

ここでトークン化が登場します。トークン化とは、資産の所有権をデジタルトークンに変換する方法としても定義されます。200,000ドル相当のアパートは、200,000トークンに変換されて、1トークンはアパートの0.0005%のシェアに相当します。次に、Ethereumなどのスマートコントラクトを対応するブロックチェーンプラットフォームでトークンが発行されます。ユーザーが1トークン購入すると、アセットの所有権の0.0005%を購入することになります。同様に誰かが80,000トークンを買ったら、その資産の40%を所有します。200,000トークンをすべて購入した場合、そのアパート100%の所有者になります。

ブロックチェーンは不変のパプリック台帳であり、トークンを購入すると、政府の管理下にある登記簿に登記されているかどうかに関係なく、所有権を削除できないことを保証します。それは、ブロックチェーンがそのようなサービスに対して実装されている理由になります。では、アセットを取得してトークン化し、ブロックチェーン上にデジタル表現を構築しました。

トークン化が流動性の向上、コストの削減、決済の迅速化を可能にするため、勢いを増し続けていて、さまざまな業界で投資されています。市場がトークン化に移行している理由をより詳しく説明いたします。

市場がトークン化に移行している6つの理由

  • 国境の障壁がない
    投資家は、物理的に訪問することなく、世界のどこにでもある不動産に投資することができます。ブロックチェーン上のアセットトークン化により、投資は安全、迅速、簡単になります。
  • 仲介者の排除
    資産の取引は通常、決済されるまで数日から数ヶ月かかります。これには、外部組織による取引の書類と投資家の適格性の検証も含まれ、プロセスに余分なコストが追加されてしまいます。しかし、トークン化により、不変性と透明性を提供するブロックチェーンの機能を備えたため、仲介者が不要になります。
  • 分割所有権
    資産がデジタル化されると、それらは非常に分割可能になります。そのため、投資家はトークン化された資産のごく一部に投資できます。たとえば、トークン化された不動産の10%のみを購入することができます。それは、何十億もの投資家の市場参入障壁を劇的に取り除きます。
  • 流動性の向上
    ブロックチェーン上の投資プロセスを導入することにより、低摩擦環境が提供されます。資産のトークン化により、コンプライアンスを確保しながら所有権の自動譲渡が可能になります。複雑さとコスト削減可能なトークン化された資産は、規制された取引所での法定通貨とP2P取引に投資する可能性を提供し、流動性を向上させることができます。
  • 迅速で安価な取引
    トークンのトランザクションと譲渡はスマートコントラクトで行われるため、交換プロセスは自動化されています。自動化により、仲介業者を必要とせずに、売買に関する負担を軽減できます。その結果、より低い取引手数料で取引をより迅速に実行できます。
  • 投資家コミュニティの拡大
    従来、実世界の資産の取引には、細分化のレベルに制限があります。ただし、資産のトークン化により、所有権の一部に相当するトークン分を売買できるようになるため、その制限がなくなります。したがって、投資プロセスに参加する投資家の基盤が拡大されます。トークン化は、以前投資できなかった資産にもポートフォリオを分散させる機会を新しい投資家グループに提供します。

上記の理由から、トークン化は今後何年にもわたって活用され、幅広いアセットクラスに幅広い機会を提供すると結論付けることができます。

では、トークン化により小規模および大規模の投資家が取り扱えるアセットクラスのいくつかを次に挙げます。

何がトークン化できますか?

アートワーク、スポーツチーム、競走馬などのエキゾチックなアセットから、債券、不動産、ベンチャーキャピタルファンドとコモディティなどの従来のアセットまで、ほぼすべてのアセットクラスをトークン化できます。

Ekoios blockchain training

ブロックチェーンの専門家であり、カイバーネットワーク(Kyber Network)の元マネージャーであるThi氏は、Ekoiosのエンジニアチーム向けに技術トレーニングセッションを実施しています。

  • 不動産
    不動産のトークン化により、所有権の細分化が可能になり、高い投資金と増加される市場参加への扉が開かれます。不動産がトークン化されて、不動産投資市場を拡大する機会を提供します。たとえば、Ekoiosによって開発された不動産取引プラットフォームであるGenesis Kingdomは、ユーザが自分の土地をトークン化できるようにし、投資家に民間の不動産投資への前例のないアクセス、透明性、流動性を提供し、資本をより効率的に調達できるようにします。
  • コモディティ
    コモディティのトークン化は、コモディティの調達と取引のライフサイクル全体にわたって新しい市場機会を提供できます。物理的資産を取引可能なデジタルアセットに変換することで、流動性が向上し、機関投資家が主導しているアセットクラスへの参入障壁が低くなります。
  • プライベートな株式持分
    現在、中小企業の株主や株式に関する情報は、紙やスプレッドシートに記録されています。各当事者は自分のデータベースでレコードを管理しているため、非効率的でエラーが発生しやすいサイロが作成されています。 株式持分のトークン化により、企業は単一の共有される不変の元帳で情報を提供することで、株主とやり取りできます。株主は、流通市場で取引を行うための所有権の透明性と信頼性を持ちます。
  • 物理的な商品
    アートワーク、ワイン、民間企業の所有権、パートナーシップシェアなどを含む非流動的な資産をトークン化して、ブロックチェーンの透明性を通じて来歴、貸付、価格検索を提供できます。

それでは、ブロックチェーンでトークン化された資産がユーザーと発行者にどのようにメリットをもたらすかについて説明いたします。

資産のトークン化のメリット

現今では、世界人口の大部分は高価値の投資にアクセスできない状態です。 ブロックチェーン技術を搭載した新しい資本形成の技術は、資本移動とグローバル資本市場へのアクセスを提供します。

  • アクセシブル
    トークン化されたアセットは、世界中のどこからでも24時間年中無休でアクセスできます。
  • 不変
    誰かがトークンを購入すると、所有権を削除することはできません。ただし、所有者が他の人に販売した場合は、ある人から別の人に譲渡することができます。紛争が発生した場合、所有権の不変の記録を調べることで、紛争を迅速に解決できます。
  • 透明
    各レコードは共有された不変の台帳で格納されるため、資産を所有していると不正に主張することはできません。エコシステム内の透明性により、所有権レコードが更新されたら誰もが明確に把握できるようになります。
  • 費用効果が高い
    トークン化された資産は、投資のアクセシビリティを制限している仲介者の関与を排除します。システムから仲介者を排除することは、手数料を削減し、明確さをもたらします。
  • 投資が簡単
    トークン化された資産は分割所有権の可能性を提供して、高い流動性をもたらすため、資産のトークン化は投資最小限の必要性を排除します。

資産のトークン化は資産取引市場にとって新しい機会をもたらしていますが、この新しい技術を採用するために多くの課題を解決する必要があります。

資産トークン化の採用を妨げるいくつかの課題

トークン化とトークンエコノミーの範囲を広げるために、いくつかの課題を克服する必要があります。トークン化された資産への関心が高まっている一方、政府当局とブローカーは資産のトークン化を非常に慎重に見ています。

  • 行動規範の不確実性
    トークン化された資産の開発・管理に関する行動規範と共通の基準の欠如のため、金融機関にビジネスアーキテクチャを見直す必要があり、投資家が望ましくない慣行に直面してしまいます。正式なフレームワークを使用したら、すべての市場参加者間の信頼が確保されます。
  • 規制の不確実性
    管轄区域内の規制の欠如と、ブロックチェーンのボーダレスな性質は、投資家や組織がトークン化された資産を自信持って保持できない課題をもたらしています。規制当局、ローカルおよびグローバルの政策立案者は、デジタル資産管理のすべての側面を含む法的枠組みを作るために協力して取り組む必要があります。

上記の状況で、幾つかの企業はコンプライアンス関連の問題の解決を支援しています。たとえば、ハーバー(Harbor)はトークンレベルでコンプライアンスを組み込むことを目指しています。彼らは、買い手と売り手が誰であり、どこで取引が行われるかを確認して、取引が準拠しているかどうかを検証します。取引が準拠していることが判明した場合、任意のトークン取引所で交換できます。

適切なKYCとコンプライアンスは、あらゆる業界での資産トークン化の採用を容易にするのに役立ちます。EUのESMAとアメリカのSECは、トークン化の分野で進歩とコメントがありました。 また、マルタやスイスの等の国は、トークン化された資産の市場向けのスペースを建設する計画を作りました。トークンエコノミーの安全な発展には、規制の明確な枠組みが重要です。

規制の他に、トークンが実際の資産にどのようにリンクされるままになるかについて心配する人も多いでしょう。たとえば、保管銀行にある100 gの金の延べ棒の一部に相当するトークンを所有していて、その銀行から5本の延べ棒が盗まれたとします。トークンが実際の資産にリンクされていることが証明されない場合、トークンの価値が低下するため、あなたのトークンやその他のトークン所有者はどうなりますか。

したがって、進歩を遂げ世界中の企業の主流になるため、資産のトークン化には適切な構造化が必要です。

ただ、上記の課題に対処しようとし、トークンエコノミーの一部と見なすために必要な要素を説明します。

トークンエコノミーに参加するには考慮すべき点

トークンエコノミーは、大規模な集中型エージェントから個人への大幅な移行を表しています。暗号化は、仲介者を、複雑なアルゴリズムを実行して台帳の整合性を検証するブロックチェーンネットワーク参加者に置き換えます。金融機関は、トークンエコノミーにどのように順応するかを知っておく必要があります。

以下は、トークンエコノミーに参加するために検討すべきのいくつかの要素です。

ビジネスモデル

金融機関は、バリューチェーンで何をすべきかを選択する必要があります。たとえば、トークンの構造化について発行者にアドバイスしたり、トークン化された資産の保管者として機能したりすることができます。

保管銀行としての専門知識を活用して、分散型台帳でライフサイクルイベントトランザクションを作成します。高度なモデルの場合、スマートコントラクトでライフサイクル処理を実装し、パブリックブロックチェーンネットワークでホストします。一方、トークンで顧客アカウントを管理するサービスを提供したり、トークン取引所または多様なトークン化プラットフォームでの取引へのアクセスを提供する中央代理店として機能したりすることもできます。

サイバーセキュリティ

2017年にデジタル決済が数十億ドルに達した後、サイバー犯罪者はますますトークンを標的にしてきました。分散型台帳は高度なサイバーセキュリティを提供しますが、エコシステムのエッジには、効率的にセキュリティを確保する必要のあるいくつかの弱点があります。

誰もが秘密鍵を盗んでウォレットを管理し、お金を盗むことができるため、弱点の1つは秘密鍵とウォレットの管理です。したがって、金融機関は、セキュリティ対策の実施だけでなく、鍵やウォレットを安全に保管する方法を提供することも検討する必要があります。

プラットフォームの統合

金融機関は、含めたいビジネスモデルに基づいてさまざまな運用モデルを実装します。運用モデルのコンポーネントに応じて、使用可能なブロックチェーンプラットフォームを決定する必要があります。適切なプラットフォームの選択は、従うべき規制、クライアントに提供する商品やサービスの種類、およびプラットフォームに関連するその他の要因によって異なります。

また、下流のシステムに与える影響を考慮しながら、ビジネスモデルに経済的と技術的ソリューションの両方を提供するインフラを検討する必要があります。新しいプラットフォームを既存のシステムと統合できない場合、金融機関は情報システムの部分的な再プラットフォーム化に対処しなければならない可能性があります。

管轄

規制および立法の枠組みは管轄区域によって異なる可能性があるため、金融機関は、投資家と発行者の管轄区域の両方でトークンが準拠していることを確認する必要があります。

コンプライアンス

マネーロンダリング対策とKYC(Know your customer)は、あらゆる金融機関の義務の中心です。ビジネスのインタラクションが不可逆的かつ迅速であるトークンエコノミーでは、規制に準拠する方法を順応させる必要があります。金融機関は、再構築するのではなく、KYCサービス提供者、テックスタートアップ、ブロックチェーンソフトウェアベンダーなどの新しい組織と協力して、新しい運用手段を導入し、デジタル世界でもコンプライアンスを維持することを証明する必要があります。

資産のトークン化の登場により、市場に新しいアクター、新しいサービス、新しい役割がもたらされると期待しています。これは、トークンエコノミーの新しい要求を満たすために、従来のプレーヤーに新しい機会を提供します。

Ekoiosテクノロジーは、数年間でブロックチェーン適用の研究開発を実施しており、多くのスタートアップや企業にコンサルティングと開発サービスを提供しており、トークン、仮想通貨取引、eWallet、アプリケーションの立ち上げにサポートしています。非常に熟練したソフトウェア開発者のチームがいて、お客様のアイデアを実現し、プロセス中24時間年中無休のサポートを提供するために必要な専門知識を有していて、非常に手頃な価格で最高の品質を提供します。詳細については、お問い合わせください。

Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
関連投稿
ブロックチェーンアプリケーション開発ガイド:技術、コスト、プロセス
ブロックチェーンは暗号資産取引でよく知られていますが、その可能性はそれをはるかに超えています。製造業からメディア、金融、ヘルスケア、エネルギー、不動産、そして政府まで、事実上すべての業界で、データの透明性、セキュリティ、効率性を追求する取り組みとして、ブロックチェーンアプリケーションの利用が増加しています。 しかし、ブロックチェーンアプリケーションの開発について明確な理解がないまま、失敗を恐れて投資するべきではありません。この記事では、ブロックチェーンアプリケーションを成功に導くための技術、トップアプリケーション、そして開発方法についてご紹介します。  ブロックチェーンの定義とその応用 ブロックチェーンアプリケーションとは? ブロックチェーンと従来のアプリケーションの主な違いは、従来のアプリケーションは中央の権威によって所有・管理されていることです。従来のデータベースは、すべてのデータを1つのサーバーに保管し、中央権威はデータへのアクセスを許可する前にユーザーの資格情報を検証する必要があります。ブロックチェーンアプリケーションはdAppsとも呼ばれ、分散型の共有データベースです。つまり、すべてのユーザーがサーバーを使用せずにメッセージとデータにアクセスし、交換することができます。 ブロックチェーン技術の仕組みとは? ブロックチェーンは、すべてのデータをネットワーク上のノードメンバー間で共有し、チェーンブロックに時系列に格納するネットワークです。つまり、ブロックチェーン・ネットワークで何かが起こると(例えば、取引やデータ交換)、それはネットワークの全ノードメンバーに共有され、検証や承認が行われるのです。データはチェーンに追加された後は変更できないため、データを侵害したり盗んだりすることが極めて困難です。 ブロックチェーンアプリケーションの利点 最近、ブロックチェーンが注目されているのは、ビジネスに複数のメリットをもたらすからです。 セキュリティ: ブロックチェーンでは、データはサーバーに保存されるのではなく、デバイスのネットワークを介して保存されるため、ハッカーは情報を改ざんできません。また、ネットワーク上の全メンバーのデバイスにすべてのチェーンのコピーがあるため、変更が発生した場合、ユーザーはすぐにそれを検出できます。 スピードと効率化:  第三者が介在しないため、すべてがより速く、よりスムーズになります。また、スマートコントラクトを使用してプロセスを自動化し、スピードを上げ、ヒューマンエラーをゼロにすることも可能です。 透明性と信頼性: ブロックチェーンアプリケーションは、すべてのユーザーが取引情報にアクセスできます。前述の通り、全ユーザーの同意がない限り、データを変更できません。 プライバシー: 世界共通ですが、会員間のやりとりは非公開のため、ユーザーの個人情報は匿名性が保たれ安心です。 企業向けブロックチェーン導入事例  ブロックチェーンは、以下のような様々な方法でビジネスに導入することができます。 金融取引:ブロックチェーン技術は、取引に革命を起こす可能性を秘めています。中間業者がいなくなることで、プロセスがスピードアップするだけでなく、超低料金で安全に資金移動ができるようになります。実際に企業で使われている事例をいくつかご紹介: BitwageとAbraは資金移動と給与支払いにブロックチェーンを使用しており、Coinpipはこの技術をアプリに統合しています。 分散型クラウドストレージ:ブロックチェーン技術は、分散型ネットワーク上で安全なクラウドストレージをホストするために使用できます。Storj社はこの種のシステムの一例です。 スマートコントラクト:スマートコントラクトは、金融取引、契約上の合意、データなどを、第三者による規制なしに、わずかなコストで実行することを可能にします。これらは安全であり、破られることはありません。 ノータリー(公証):ブロックチェーンの開発は、ノータリーの作成と認証の目的にも利用できます。スマートフォンのマルチメデイア・プラットフォームであるUproovは、ユーザーの画像、動画、音声をブロックチェーンに記録することでこれらのサービスを提供しています。 サプライチェーンマネージメント: サプライチェーンの仕組みでは、複数の仕入れ先からの部品調達や交換が行われるため、一方の末端での不具合が全体のプロセスに影響を及ぼす可能性があります。のような状況に対処するため、SkuChainやProvenanceなどの企業は、ブロックチェーン技術を利用して、ステークホルダーが商品がどのように市場まで運ばれたかを確認できる永久的な記録作成に取り組んでいます。 デジタル認証プロセス: […]
Web3ゲーム開発実践ガイド
Web3ゲームは、ゲーム業界を変えます。Axie Infinityが開拓したゲーム業界は、ブロックチェーン技術による革命の瀬戸際にあります。その結果、新たな収益源が生まれつつあり、NFTを含むネイティブトークンを通じたゲーム内所有権の民主化が約束されています。これはエキサイティングなパラダイムシフトですが、Web3ゲームにはリスクがつきものであることから、専門家もプレイヤーも同様に慎重になっています。この記事では、次世代のWeb3ゲーム開発へのアプローチ方法を学び、注目を集めるゲームを作ることでビジネスパフォーマンスを向上させる方法をご紹介いたします。 Web3ゲーム解説 1. Web3 ゲームとは? Web3ゲームでは、プレイヤーはゲーム内アイテムや非ファンジブルトークンや暗号資産などのデジタルグッズを使って現実世界の価値を手に入れることができます。NFT技術の登場により、新しいパラダイムが導入されました。それは、プレイヤーが自分の資産を所有し、後で実際の価値で取引・売却することができるゲーム・エコシステムです。  2. Web3 Gamingの主な特徴 Web3ゲームの新しいゲームモデルは、所有権、コントロール権、ゲーム内資産や収集物の取引における柔軟性などの面で、プレイヤーに大きな特権を与えます。ここでは、最新のWeb3ゲームで見られる基本的な機能をいくつかご紹介いたします。 所有権の管理とシームレスな資産譲渡 Web3は、ゲーム内アセットの真の所有権をユーザーに保証すると同時に、アセットの相互運用性という競争上の優位性を提供します。例えば、あるゲームでは、プレイヤーはゲーム内アセットを所有し、それを好きな別のプラットフォームで使用できます。 プレイヤーセントリック・エクスペリエンス Web3ゲームのトッププレイヤーは、プレイヤーの好みに合わせた体験で新しいゲームエコシステムが繁栄していることを示します。 透明性と可用性 Web3ゲームの最も際立つ特徴の1つは、プロセスの分散性に関連しています。また、ブロックチェーンベースのゲームでは、ゲームプロセスを修正するために投票によるコンセンサスを使用します。   成長する市場への参入 1. 市場規模 Web3ゲーム産業はまだ発展途上の段階にあり、開拓と成長の余地が十分に残されています。従来のゲーム市場が成熟し、CAGR10.0に過ぎないと予測される中(Accenture)、Web3ゲームは10倍の伸びを示しています。CAGR100%で、2021年の15億ドルから2025年には500億ドルに成長し、1日あたり100万人から1000万人のプレーヤーが参加すると予想されています(Bitkraft Ventures & Naavik and Dizon)。 […]
ブロックチェーン活用事例:業界を超えての活用&自社/ビジネスへの導入方法
金融、ヘルスケア、不動産など、数え切れないほどの分野で採用されているブロックチェーンの概要と、この技術で何が可能になるかを紹介します。
べスティングスケジュールとはなにか。 べスティングソリューションをどのように評価すれば良いか。
今回の記事では、べスティングソリューションを評価する上の重要な基準を解説します。 続いて、ロックアップされたトークンに適用できる数多くのべスティングスケジュールを紹介していきます。
権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。
はじめ ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。 さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。 調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。 分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。 DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。 この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。   暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。 べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。 DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。  これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。 Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。 次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。 べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。   べスティングの起源について DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが 流行されるようになります。 つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。 徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。 暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。 DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。 対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。 […]
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
プロジェクトのアイデアについて話し合うためにお問い合わせください!
Table of Contents
  • 1
    資産のトークン化を説明する例
  • 2
    市場がトークン化に移行している6つの理由
  • 3
    何がトークン化できますか?
  • 4
    資産のトークン化のメリット
  • 5
    資産トークン化の採用を妨げるいくつかの課題
  • 6
    トークンエコノミーに参加するには考慮すべき点
Eメールで最新情報を受信
サインアップしていただくと、毎週最新の記事をEメールでお送りします。
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたEkoiosのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。