Covid-19パンデミックの最中にベトナムのソフトウェアアウトソーシング業界

オンラインで作業の性質上、ソフトウェアアウトソーシング業界へのCovid-19の影響は、一部の業界よりも遅くて、そんなに致命的ではないようです。しかし、ほとんどの国がロックダウンに入ってから1ヶ月半後、ベトナムのソフトウェアアウトソーシング業界は悲観的と楽観的な影響の両方を受けました。

日本市場と英語圏市場の影響

同様の文化、言語、及び僅かな時差という利点により、日本はベトナムのIT収益の50%以上に貢献していました。残りは韓国、アメリカ、英語圏から来ています。

日本市場に大きく依存している企業にとって、ビジネスの負担はますます大きくなっています。3月の上旬に、米国とベトナムが既に深刻な予防措置を講じていたが、多くの日本のお客様は物理的なオフィスで通常の運営を維持しました。ほとんどはまだ面と向かって会う必要としています。仕事文化は、日本が在宅勤務対策を迅速に課すことをチャレンジするのは当然です。その為、進行中のプロジェクトが停止されていなくても、企業が期待できる新しい機会がますます少なくなりました。

安倍晋三首相が全国に緊急事態を宣言した後、ベトナムの在日駐在員事務所は凍結されました。 楽天とU-nextは、デジタル署名を適用してリモートワークへの変更をよりスムーズにする有数のパイオニアの一つです。大多数の企業、特にコングロマリットは、おそらくこの対策を検討ません。

米国、カナダ、ヨーロッパなど、主に英語圏市場にサービスを提供する企業にとって、それほど暗い状況ではないようです。有数の幸運な企業は、すべてのビジネスを維持できます。新型コロナウイルス前にSNSやフリーランサーのWebサイトを介した販売方法を導入しておいたことにより、物理的な会議を必要としないため、収益が増加する企業もあります。これらは一般に約100人の従業員以下の小規模のスタートアップです。それらのリーダーとエンジニアは若く、賢く、熱心な人たちです。

影響は企業の規模や取引先によって異なります。

管理コストの負担をあまり負わない中小企業は、困難な時代においてより回復力があります。 彼らは急いで不必要な経費を削減し、固有の効率的な組織をリモートモデルに移行します。彼らの顧客は変更の影響を受けやすくなっています。これは確かに損害を最小限に抑えるのに役立ちます。

一方、オーバーヘッドの大きい大企業は、1つのビジネスだけ失っても困難になります。クライアントのセキュリティ要件を満たすために、リモートワークへの移行を可能な限り遅らせなければならない企業があります。これは、地方自治体の規制を無視し、従業員の安全を脅かすことを意味します。 最近ベトナムの最大IT企業の1社が管理費の20%削減を発表しました。これには、チームビルディングイベント、バケーション、賞金予算の完全な停止が含まれます。

この封鎖と予防措置が数か月以上続くと、順応して新しいビジネスチャンスを探し続けなければ、ベトナムで20万人近くのIT労働者が真の課題に直面することになります。Ekoiosは、ブロックチェーンテクノロジーモバイルアプリケーション開発におけるスタートアップへのサポートを継続することを約束します。弊社の技術投資スキームと柔軟な支払いスケジュールは、貴社の素晴らしいアイデアに力を与え、コロナウイルスに負けないようにします。