ベトナムIT企業がスタートアップ企業のコスト削減をどのように支援できるか

Ekoios Office 2

COVID-19パンデミックはビジネスを世界的に揺るがし、数十億ドルに損害を与えている内に、スタートアップはクライアントのためにサービスと製品を維持しながら必死に嵐を乗り越えようとしています。

その結果、多くのスタートアップ企業は、運用の一部を停止し、スタッフを解雇することによって犠牲にしなければなりませんでした。最初これらの対策は論理的そうですが、実施されると、約束した結果をクライアントに提供できなくて、既存の顧客を失うので、これらの企業はより脆弱になります。

そのため、テックのスタートアップが最高のパフォーマンスを維持しながらコストを節約できるようにする適切な戦略を見つけるのが肝要です。つまり、比較的に高価な冗長な人材を削減し、より経済的に実行可能なオフショアチームを運用サポートに採用します。

最近の調査によると、オンショアと比べてオフショアソフトウェアプロジェクトの平均年間コスト節約額は、プロジェクトごとに約56,000ドルです。これは大幅な削減であり、スタートアップにとって非常に価値があります。

ベトナム:急成長しているIT人材で急速な経済回復

政府の早期で効果的な病気対策の実施により、ベトナムはCOVID-19による死亡率が最も低い30か国の1つです。その結果、ベトナムはASEANで最初に再開した国の1つになり、ビジネスを回復することができます。これは、皆がすでに仕事に戻ったオフショアをはじめ、ベトナムが他の国より先にビジネスを回復し始めていることを意味します。クライアントの要求を満たそうとしながら、社会距離拡大のために運用を削減しなければならない状況では、中断なしに続行できる能力を持つのは大切です。

それに、ベトナムのGDP成長率は平均6%で、インドネシア、タイ、マレーシアなどASEANの他の有名なオフショア先と比較して最速です。 従って、ベトナム市場も近い将来、はるかに多くの可能性を秘めています。

一方、ベトナムは若いエンジニア、ソフトウェア開発者、起業家が生まれる技術的な才能の繁殖地としてもよく知られています。500 Startups Vietnam(ベトナム500スタートアップ企業)のジェネラルパートナーであるEddie Thai氏は、ベトナムが2024年までにエンジニア数が最も多い上位3か国にランクされると予想していました。したがって、ベトナムはオフショアのテックスタートアップが最適な人材を見つけて採用できるための豊かさを提供します。

採用の観点からすると、人材プールが広ければ、運用の拡大にかかる時間(コスト)を節約できます。採用活動により、企業はより多くの候補者にアクセスできるようになり、募集している位置に適した才能を短期間に獲得できる可能性が高くなるため、全体的な時間/コストが大幅に削減されます。採用効率が上がると、テックのスタートアップ企業は他のコア事業活動に集中できるようになります。

ベトナムの労働力はお手頃な価格で信頼できる

熟練した人材の不足は、オンショアの人件費が非常に高くなる理由の1つです。実際、企業は東南アジア諸国のオフショアで人材を活用することがよくあります。それでも、他の競合他国と比べて、ベトナムは給与が安いですが、信頼できる労働力があるため、注目を集めています。

Ekoios Office 2

ベトナム政府は誰よりも経済成長にとって外国投資がいかに重要か分かります。したがって、為替レートに敏感な輸出が主導する急成長経済を可能にするために、通貨の競争力を維持することに多くの努力を注いできました。その結果、ベトナムの人件費は、インドネシアやシンガポールなどの隣国よりも約10〜50%低くなり、未経験の開発者ならフィリピンよりも約5%安くなっています。

 

ロール

国ごとの人件費(米ドル /年)

ベトナム

インドネシア

フィリピン

シンガポール

開発者

7,200 – 12,400

17,581 -24,658

8,300 – 12,426 

38,000 – 84,500

シニア開発者

12,400 – 24,000

24,658 -30,970

12,426 – 14,620

50,500 – 84,500

人件費比較表(出典1、2、3、4)

上記の表に示されているように、ベトナムの安い人件費は、テック企業やスタートアップ企業がコストを削減するためにより良いオフショア先になることを意味します。近隣諸国と比べても、ベトナムはコスト範囲に顕著な違いを示しています。

さらに、シンガポールは常にベトナムの最大外国投資家の1つであり、2018年には490億ドル相当のプロジェクトがありました。2か国間には常に良い関係があり、投資家がスタートアップ、ソフトウェア開発、インダストリー4.0、製造、オフショアリングなどの様々なセクターに進出するよう奨励されています。

したがって、オフショアITチームを構築し、ベトナムの労働市場にアクセスすることは、シンガポールの企業やスタートアップ企業にとってはるかに簡単です。

ベトナムのIT分野の年間30%成長率と、タイやマレーシアと比較して低い離職率と高い安定性で観察することにより、ベトナムへのソフトウェア開発のオフショアリングは当たり前のように見えます。

現在Ekoios Technologyは、ベトナムで主要なIT企業の元共同創設者および専門家を有し、業界で最も優れた企業の1つです。多くのテクノロジー(特にブロックチェーンとAI)での豊富な経験と非常に熟練したソフトウェア開発者のチームがいて、お客様のアイデアを実現し、プロセス中24時間年中無休のサポートを提供するために必要な専門知識を有していて、非常に手頃な価格で最高の品質を提供します。

詳細については、お問い合わせください。