ソフトウェア開発アウトソーシングで成功するために

貴社のソフトウェア開発を外注するときの課題に直面していますか?成功するために役立つ7つの簡単なステップは次の通りです。

1.固定費

予算が厳しい場合、アウトソーシング先と是非話し合ってください。機能の削減またはレベニューシェアモデル適用等のソリューションは必ずあります。

2.ODC(オフショア開発センター)というもの

より良いサービスを求める場合は、長期契約締結をお勧めです。これにより、アウトソーシングされるチームはあなたのプロジェクトに専用のリソースを投入できるようになります。また、チームも業務を完全に把握でき、プロジェクトの成功への意欲を高め、結果としてパフォーマンスが良くなります。 一方、短期契約の方は安くなるかもしれませんが、納期までに期待される結果を得られるとは限りません。

3.取り組む

目標を設定しましょう。期待のリストを作成した後、ベンダーと一緒に企画するのがより簡単になります。また、あなたの同僚も委託先のチームとやり取りできるために準備を整える必要があります。

プロジェクト中にあなたの取り組みは特に重要です。これにより、プロジェクトを成功させたいというメッセージがパートナーに送信されます。毎日委託先と連絡することをお勧めです。

4.アジャイルに変え、ウォーターフォールを忘れよう

ソフトウェア開発プロセスにおいて、適応性の向上と応答時間の短縮は重要です。そのため、従来のウォーターフォール方法論よりアジャイル方法論が推奨されています。アジャイルは、最短の時間でより高い透明性と優れた結果を提供でき、コストを節約するのに役立ちます。

5.オフショアパートナーに訪問

協業したら相手を信頼する必要があります。百聞は一見にしかず、ビジネスパートナーを時々訪問して、そちらでどのように作業しているかを確認した方が良いでしょう。これも、自分が取り組んでいることを示しています。 休暇を取るチャンスと見なして、訪問を計画しましょう。

6.委託先がテストにリソースを割り当てていることを確認

人間は間違いを犯しがちです。ソフトウェアがリリースされる前に、不具合を特定するための時間が割り当てられていることを確認します。

7.ベンダーと一緒にコードレビューを実施

あなた自身もプログラマーである場合、良いソフトウェアアーキテクチャがどのように構築され、優れたコードがどのように見えるかを知っているでしょう。そうでない場合、同僚またはコンサルタントにサポートと求めてください。 定期的にコードレビューを実施することにより、早めにコードに慣れ、プロジェクトが納品された後、コードのビルド方法を理解できます。ベンダーの方法についても何かを学べます。

これらの手順に従うことで、ソフトウェアアウトソーシングパートナーとの協力が楽になります。

ソフトウェア開発のアウトソーシングを検討されている場合、是非ご連絡ください。