アジャイルとウォーターフォールの方法論の違い

アジャイル方法論

ウォーターフォールと比較して、現在アジャイル手法はますます世界中の企業によりソフトウェア開発のために採用されています。

ウォーターフォール方法論

ウォーターフォールは基本的に、ソフトウェア開発が事前に定義された一連の工程(実行可能性調査、企画、設計、実装、テスト、本番、サポートを含む)に分離される順次モデルです。一方、アジャイルは線形の順次アプローチに従い、同時にプロジェクトの進行中に要件が変化するため、柔軟性を提供します。

ウォーターフォール方法論とアジャイル方法論のトップ10の違いは次の通りです。

  1. ウォーターフォールモデルでは、ソフトウェア開発プロセスがさまざまな段階に分割されています。アジャイル方法論では、プロジェクト開発ライフサイクルをスプリントに分割します。
  2. ウォーターフォールは構造化されたソフトウェア開発方法論であり、かなり硬直的な場合が多いです。アジャイル方法論は柔軟性で知られています
  3. ウォーターフォールモデルでは、ソフトウェア開発は1つのプロジェクトとして見なされて、幾つかのフェーズに分割され、各フェーズはSDLC中に一度しか出ません。一方、アジャイル方法論は、ユーザーや品質保証チームからのフィードバックによるソフトウェア全体の品質の向上に焦点を当てた様々フェーズの反復にすぎない、複数のプロジェクトから構成されると見なします。
  4. ソフトウェア開発にウォーターフォールモデルを採用する場合は、プロジェクト開発開始後に要件を変更する余地がないため、事前にすべての開発要件を明確にする必要があります。一方、アジャイルの方法論は非常に柔軟であり、初期計画が完了した後でも、プロジェクト開発要件を変更ができるようにします。
  5. 設計、開発、テストなどの全プロジェクト開発フェーズは、ウォーターフォールモデルで一度で完了されますが、アジャイル手法によると、反復的な開発アプローチに従います。 その結果、SDLC中に、計画、開発、プロトタイピング、およびその他のソフトウェア開発フェーズが複数回実施される可能性があります。
  6. アジャイル開発手法とウォーターフォール開発手法の重要な違いの1つは、品質とテストに対する個別のアプローチになります。 ウォーターフォールモデルでは、「テスト」フェーズが「構築」フェーズの後に行われますが、アジャイル手法では、通常、テストはプログラミングと同時に実施されるか、少なくともプログラミングと同じの反復で実行されます。
  7. ウォーターフォール手法は内部プロセスであり、ユーザーの参加を必要としませんが、アジャイルソフトウェア開発アプローチはユーザー満足度に焦点を当て、開発段階全体でユーザーの参加が含まれます。
  8. ウォーターフォールモデルは厳格な逐次プロセスと見なすことができますが、アジャイル方法論は非常に協調的なソフトウェア開発プロセスであるため、より良いチームインプットとより迅速な問題解決につながります。
  9. ウォーターフォールモデルは、要件が明確に定義されており、変更がまったく予期されないプロジェクトに最適です。一方、アジャイル開発は、要件が変更および進化すると期待されるプロセスをサポートします。したがって、定期的に見直してユーザーの技術的展望と要件に対応する必要があるソフトウェアを開発する場合は、アジャイルが最善のアプローチです。
  10. ウォーターフォールモデルは、プロジェクトの考え方を必要とし、プロジェクト開発の完了に専念しています。アジャイルは、開発された製品がユーザーの要件を満たし、ユーザーのニーズが変化した場合に適応できるようにすることを目的とした製品の考え方を導入しています。

Ekoiosは、手頃な価格でカスタムソフトウェア開発サービスを提供するグローバル企業です。信頼できるソフトウェア開発アウトソーシングのパートナーを探しているなら、今すぐ弊社にご連絡ください。そうしていただければ、弊社の担当者が連絡を取り、プロジェクトの要件について相談させていただきます。